「“激坂”焼おにぎり餃子丼」も登場オリジナルフードやグッズが勢揃い 「弱虫ペダル in ナンジャタウン」東京・池袋で2月8日から開催

  • 一覧
豊富なオリジナルフード&デザートが魅力。写真は、「ついてきたくなったらついてこい」  “激坂”焼おにぎり餃子丼 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会豊富なオリジナルフード&デザートが魅力。写真は、「ついてきたくなったらついてこい」 “激坂”焼おにぎり餃子丼 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会

 ナムコが運営する東京・池袋のテーマパーク「ナンジャタウン」で2月8日から、自転車ロードレースのテレビアニメ『弱虫ペダル』とタイアップしたイベント「弱虫ペダル in ナンジャタウン」が開催される。期間中は、アニメをモチーフにしたオリジナルフードや、オリジナル景品がもらえる「ミニゲーム屋台」、オリジナルクレーンゲーム景品、フォトシール機などが登場する。

 注目は、20種類ものオリジナルフードとデザート。パーク内に14の店舗が集う「餃子スタジアム」では、斜度 20%以上の“激坂”焼おにぎりをあしらった「『ついてきたくなったらついてこい』 “激坂”焼おにぎり餃子丼」や、携帯補給食をモチーフにした餃子「新開さんの餃子 Bar」などを食べることができる。メニューを1品購入することで、オリジナルブロマイドが1枚プレゼントされる。

自転車の形の餃子には疾走感あふれる“擬音海苔”付き ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会自転車の形の餃子には疾走感あふれる“擬音海苔”付き ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
ジャージの胸元から覗くのは胸筋をイメージした餃子 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会ジャージの胸元から覗くのは胸筋をイメージした餃子 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
重ねバージョンの餃子入りスペシャルバーガー ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会重ねバージョンの餃子入りスペシャルバーガー ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
総北高校メンバーが円陣を組むシーンをプリントしたパンケーキ ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会総北高校メンバーが円陣を組むシーンをプリントしたパンケーキ ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
坂をイメージした洋梨ケーキを風の力を背に受け駆け上る ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会坂をイメージした洋梨ケーキを風の力を背に受け駆け上る ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
カップ入りのソフトクリームをぎゅうひで包んだ御堂筋のアイスパフェ ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会カップ入りのソフトクリームをぎゅうひで包んだ御堂筋のアイスパフェ ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
バレンタイ企画のビッグハートチョコレートをはじめ、タンブラー、ランチトートを用意 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会バレンタイ企画のビッグハートチョコレートをはじめ、タンブラー、ランチトートを用意 ©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会

 また、2月14日まではバレンタイン企画として「全国高等学校自転車競技部・バレンタインチョコ獲得レース」を実施する。企画では、キャラクターがプリントされた「ビッグハートチョコレート」(全2種、各日数量限定販売)の購入者が“あなたがチョコレートをあげたいキャラクター”を選んで投票。投票の結果1位を獲得したキャラクターは、優勝記念グッズとして販売される「ゼッケン風マイクロファイバークロス」に採用されるという。

 そのほか会場では、ポストカードアルバムや総合優勝・山岳賞・スプリント賞のカラーを模したタンブラーといったオリジナルグッズ販売、景品にゼッケンがデザインされたランチトートなどが詰まったクレーンゲームの設置が行なわれる。イベントは4月6日まで開催される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント 弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載