イベントレポート「海の青の美しさに背中を押されました」 酒井千佳さんが『美ら島オキナワセンチュリーラン』を走った!

  • 一覧

 フリーアナウンサーで、気象キャスターとして活躍している酒井千佳さんが、1月19日に開催された「美ら島オキナワセンチュリーラン2014」にゲストライダーとして出場しました。愛車のピナレロでサイクリングを楽しむ様子を、ブログ「ゆるり日和」に何度も綴っている酒井さん、今回は名所・古宇利島などを走る100kmのコースを無事に走破! 大会後、初めて自転車で走った沖縄の感想や、大会の魅力について語ってくれました。

聞き手 臼井智子(ティンバー・プラネット)

「海が大好き」という酒井千佳さん。「沖縄には何度か来ていますが、自転車で走るのは初めて」「海が大好き」という酒井千佳さん。「沖縄には何度か来ていますが、自転車で走るのは初めて」

――「美ら島オキナワセンチュリーラン」の前日イベントはいかがでしたか

 私は前日イベントの行われる前の金曜日に、番組収録を終えたその足で空港に向かいました。「週末、東京は雪が降るかもしれません」と予報した私が、南国・沖縄に! 眠くなるどころか、沖縄に着くなり、沖縄そばやジェラートなどの沖縄グルメを楽しんじゃいました(笑)

人気自転車メーカーの試乗車ブースや沖縄のグルメブースでいっぱいの「サイクルパーク」人気自転車メーカーの試乗車ブースや沖縄のグルメブースでいっぱいの「サイクルパーク」

 前日イベント「サイクルパーク」では、人気自転車ブランドのブースが並んでいて、最新モデルを試乗できるのが魅力的でしたね。私の愛するピナちゃん(ピナレロ)のブースも訪ねました。なんだか、新しい自転車がほしくなっちゃったな~、なんて(笑)

 また、ステージでは「パンク修理」や「ロングライドの走り方」など、大会へ出場する前にチェックしておきたいポイントがギュギュッと詰まった講座が開かれていて、私自身も勉強させていただきました。

古宇利島・桜コース(100km)のスタート前、壇上に上がって挨拶。「みなさん、元気に楽しく走りましょう!」古宇利島・桜コース(100km)のスタート前、壇上に上がって挨拶。「みなさん、元気に楽しく走りましょう!」

――大会参加者の中で、女性は2割強を占めました

 確かに女性ライダーは多かったですね! オシャレなライダーさんばかりで、皆さん自転車ファッションを楽しんでいるな、というのが印象的でした。もともと観光地として大人気の沖縄ですから、今後も女性の割合は増えていきそうな気がしますよ。

――ご自身のファッションのポイントは

 “写真に写ったとき、青い海に映えるのは何色かな”と考えて、派手なピンクのウェアを選びました。成功していますか?

――ホテルはいかがでしたか
私が泊まったのは「カフーリゾートフチャク コンド・ホテル」。リゾート感に溢れたラグジュアリーなホテルで、心から癒されました。空いた時間に砂浜を散歩したのも楽しかった! もっと長く泊まっていたいと思うようなホテルでした。

――『美ら島オキナワセンチュリーラン』古宇利島・桜コース(100km)コースはいかがでしたか

先頭からスタート。「ドキドキがワクワクに変わる瞬間!」先頭からスタート。「ドキドキがワクワクに変わる瞬間!」

 じつはロングライドを走るのは久しぶりで、少し緊張していたのですが、大勢の参加者のみなさんとスタートラインに並んだら、ドキドキがワクワクに変わってきました! エイサー(沖縄伝統芸能)による見送りも、テンションを上げてくれましたね。

 私は海が大好きなので、海を見ながら走れるところが多い(80%がシーサイドのコース)と言うのがいちばんの魅力でした。特に古宇利大橋! 前を見ても、後ろを見ても、右を見ても、左を見ても、360度が海!! 「海に囲まれて走る」、初めての体験でした。

360度が海! 「沖縄ならではの海の青さがペダルを漕ぐパワーになりました」360度が海! 「沖縄ならではの海の青さがペダルを漕ぐパワーになりました」

 この橋では向かい風が強く、漕いでも漕いでもなかなか前に進まなかったのですが、海の青の美しさがペダルを漕ぐパワーになりました。背中を押してもらったな、と感じています

 もうひとつのワルミ大橋もすばらしかったですよ! 「うちなぁライダー(100kmコースを一緒に走って地元情報を教えてくれるサポートライダー)」に古宇利島を一望できる絶景スポットを教えてもらったのはラッキーでした。その場所? ここでは内緒です(笑)
 
海以外では、今帰仁の古い民家にも魅力を感じました(編注・酒井さんは京都大学で建築を学び、古民家鑑定士の資格も持つ)。本州では見たことのない形ですし、なんといっても屋根の白や赤がかわいかった! なんだかほんわかした気持ちになっちゃいました。

うちなぁライダーに教えてもらったワルミ大橋の秘密スポットから古宇利島を一望うちなぁライダーに教えてもらったワルミ大橋の秘密スポットから古宇利島を一望
あまりの美しさに私も思わずカメラをパチリ。誰でも絶景が撮れること間違いなしの場所です!あまりの美しさに私も思わずカメラをパチリ。誰でも絶景が撮れること間違いなしの場所です!
160kmコースにのみ含まれている海中道路。往復たっぷり4km以上を海に囲まれて走れます160kmコースにのみ含まれている海中道路。往復たっぷり4km以上を海に囲まれて走れます
エイドステーションにはおいしそうなものがたくさんあって…ついつい食べ過ぎてしまう~エイドステーションにはおいしそうなものがたくさんあって…ついつい食べ過ぎてしまう~

――ランチやエイドステーションはいかがでしたか

 普段から「おいしいものを食べる」ことを目標に走っているようなものなので(笑)、沖縄グルメ食べ放題のランチはうれしかったです。エイドステーションにも、サーターアンダギーなど沖縄のおいしいスイーツがたくさんあったので、食べ過ぎてしまいました。沖縄グルメ、恐るべしですね。

――桜が咲いていたのはご覧になりましたか

 わぁ~、気付かなかった!! 気象予報士としては、この“先取り感”が魅力ですね。東京では雪が降っていたのに、沖縄では春の様な気候のなかを走れるなんて。東京にいるときは「外に出るのもイヤ~」だったのに、沖縄に来たら開放的になって「外を走りたい~」となる。考え方もプラス思考になるような気がします。

コース中には“日本一早い桜”の花も咲いていました。上り坂の途中だったので、漕ぐのに夢中で気付かなかった人もいるかも!?コース中には“日本一早い桜”の花も咲いていました。上り坂の途中だったので、漕ぐのに夢中で気付かなかった人もいるかも!?
「ゴール会場で待ち受けていたのは、沖縄名物豚の丸焼き! おいしかった♪」「ゴール会場で待ち受けていたのは、沖縄名物豚の丸焼き! おいしかった♪」
100kmを走り終えた後、トークショーに出演100kmを走り終えた後、トークショーに出演

――次に出るとしたら、センチュリーコース(160km)? それともスィーツコース(60km)?

 おいしいものが大好きなので、スィーツコースか…。でも、せっかくピナちゃんと走るなら、160kmにもチャレンジしてみたい! この景色なら頑張れる気がするし、160kmコースにしか入っていない海中道路をぜひ走ってみたいです。

「自転車に乗って見る沖縄の風景は想像以上の美しさでした。みなさんもぜひ来年は、絶景とおもてなしにあふれた『美ら島オキナワセンチュリーラン』へいらっしゃいませんか」「自転車に乗って見る沖縄の風景は想像以上の美しさでした。みなさんもぜひ来年は、絶景とおもてなしにあふれた『美ら島オキナワセンチュリーラン』へいらっしゃいませんか」

――まだ参加されていない方へ、アドバイスをお願いします

 自転車に乗っている方なら、絶対に一度は走った方がいいコース、と断言できます! これほどまでに目を見張るような絶景が連続しているコースは、これまで走ったことがありませんでした。そして、まだ自転車に乗っていない方でも沖縄が好きであれば、ぜひ挑戦していただきたい! 「沖縄にはもう何回も行っているよ」という方でも、自転車から見て、感じる景色はまた違いますよ。私自身もまた沖縄を走りたくてウズウズしています。

 最後に、「がんばれー」と声をかけてくださった地元の方々、「さかいさーん」と呼んでくださった参加者のみなさん、ありがとうございました! また沖縄でお会いできる機会を楽しみにしています♪

酒井千佳酒井千佳(さかい・ちか)

兵庫県出身。京都大学工学部建築学科卒。テレビ大阪アナウンサーなどを経てフリーアナウンサーに。気象予報士、古民家鑑定士1級、日本漢字能力検定2級の資格を持つ。趣味はロードバイク、フィギュアスケート、パン作り、料理、ピアノなど。“日本一早いニュース番組”として知られる日本テレビ系「Oha!4 NEWS LIVE」(月~金 4:00~5:50)の気象キャスターとして活躍中。オフィシャルブログ「ゆるり日和」。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載