バイクインプレッション2014「NEILPRYDE ALIZE」 軽量化と走行性能を向上させブラッシュアップされた旗艦モデル

  • 一覧

 1970年にセールメーカーとして誕生したニールプライドがスポーツサイクルの分野へ参入したのは2011年のこと。「BMW GroupDesignworksUSA」との共同開発で誕生した「アリーゼ」は、エアロダイナミクスに優れた機能的で美しい容姿で、瞬く間に注目を集めた。2014年のアリーゼは、カーボンの製法を見直すことでフレームの軽量化を遂げ、リヤ三角形の構造を見直してパワー伝達効率の向上にも成功しているという。また、Di2との互換性を持たせ、兼用モデルとなった。

「NEILPRYDE ALIZE」(ニールプライド アリーゼ)「NEILPRYDE ALIZE」(ニールプライド アリーゼ)

NEILPRYDE ALIZE(ニールプライド アリーゼ)
価格:315,000円(105完成車)
273,000円(フレームセット)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:黒×赤(完成車)、黒×青(フレームセット)
重量:940g (L/56cm、フレームのみ)

問い合わせ先:問い合わせ先:トライスポーツ http://www.trisports.jp/brand/node/6067

スペック

フレーム:ALIZE – C6.7 TORAY UD
フォーク:ALIZE – C6.7 TORAY UD (1-1/8 to 1-1/2)
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:FSA・オメガ 50×34T、11-25T(11s)
ホイール: シマノ・WH−R501
重量:940g (L/56cm、フレームのみ)

独自に開発したワンピース構造のチェーンステー、シートステーや、エンド部分、BBによって、パワー伝達効率が向上した独自に開発したワンピース構造のチェーンステー、シートステーや、エンド部分、BBによって、パワー伝達効率が向上した
エアロ効果を追求したシートポストとフレームの形状に合わせて、2つが重なるクランプ部の形状にもより一体となるよう工夫が感じられるエアロ効果を追求したシートポストとフレームの形状に合わせて、2つが重なるクランプ部の形状にもより一体となるよう工夫が感じられる
ダウンチューブのエッジは、フォークと前輪をかすめてきた乱気流を滑らかにする意図がある。ボトルケージ台座のボルトは3つだダウンチューブのエッジは、フォークと前輪をかすめてきた乱気流を滑らかにする意図がある。ボトルケージ台座のボルトは3つだ

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作
Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 ニールプライドといえばアリーゼだよね。ブランドの顔といえるモデルだ。松尾くんが今季のレースで乗るメーンバイクがこのモデルだね。

松尾 そうです。少し前から乗らせてもらっていますが、良いですよ。

米山 試乗車は105仕様の完成車販売モデル。このパッケージはけっこう意外だったな。アルテグラ仕様も用意されているけど、そのほうがしっくりくる。

松尾 フレームに対してホイールが低いグレードなので、ここを変えてあげるだけで数段階レベルは上がると思いますよ。

米山 そうなんだよね。フレームとアンバランスだから、このホイールはとりあえずと考えて、ガシガシ乗りたい人は追々変えたほうがいい。すでにディープリムなどを持っている中級者やこれからスポーツとして楽しみたいと購入を考えている人にとっては、お財布に優しい、良いパッケージなんだけどね。

松尾 ええ。フレーム自体はエアロ系なのに上りの軽快さがあって、スプリントもできるオールラウンダーです。下りはエアロ効果でスピードの伸びが爽快でした。しっかり上れるエアロロードは今のトレンドなのか、どれもハイレベルですよね。

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 そのようなライバル車種と比較するとアリーゼはスタビリティ、全体のバランス、剛性、価格、どれをとっても抜け目なく、良い意味で標準的な印象だった。

松尾 コアなブランドに思われるかもしれませんが、ハンドリングはニュートラルで扱いやすいし、剛性は部分的な偏りを感じず、一定の剛性感で良くまとまっています。そこそこスピードを上げれば巡航性能も高いので、ロードレースやトライアスロンだけでなく、ロングライドでもその恩恵を感じられるはずです。

米山 ボクはがっちり骨太な剛性感という印象だったな。フロントフォークから少し衝撃を拾うかな。加速シーンではマシンを振りやすく、良い感触が得られたけど、全体のバランスはあまり尖ったところがなく、標準的。

松尾 この仕様でも100km走るくらいなら硬さは気になりませんが、ホイールでもっと快適さを出してあげられるので大丈夫ですよ。このバイクに乗って驚いたのは、クライミングの性能で、カラダに追従して反応してくれることで、ライダーに負担が少なく、ノンストレスで上れたんです。

米山 巡航性能が高く、走るフィールドを選ばなバイクだから、一般サイクリストも楽しく使いこなせるよね。

松尾 なんでもこれ1台でこなしたいライダーにはオススメですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ニールプライド バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載