【Teamユキヤ通信】ツアー・ダウンアンダー 第5ステージ「最後の上りは足が足りなかった」 ステージ32位も手ごたえを感じた新城幸也

  • 一覧
強烈な日差しに備え念入りに日焼け止めクリームを塗る新城幸也強烈な日差しに備え念入りに日焼け止めクリームを塗る新城幸也

 25日に行われたツアー・ダウンアンダー第5ステージは、今大会で最後の本格的なロードステージということもあり、激しいレース展開が予想された。

 序盤に形成された4人の逃げグループに、ヨーロッパカーのメンバーは含まれていなかったが、風もあるため小集団の逃げは無駄だと判断し、冷静に集団でレースを進めた。

 案の定、勝負どころのラスト36km、2周回する周回に入ったところで、逃げていた選手たちをメイン集団が吸収。そしてラスト22km地点に設けられている激坂でレースが動いた。

 新城は1周目はメイン集団で登りをこなしますが動きが激しくなった2周回目で遅れ始め、32位でゴールした。

激坂の頂上ゴールを32位でフィニッシュする新城幸也激坂の頂上ゴールを32位でフィニッシュする新城幸也

 レース後、新城は次のように語った。

 「逃げには誰も入っていなかったし、風もあったし、まったく焦ってはいなかった。後半、1つ目の登りは良い位置で登れたけれど、2周目、最後の上りは足が足りなかった(余力がなかった)。まぁ、まだ1月だしね、今はこんなもんかなっ」

 「明日はクリテリウムだから、無理せず走るだけ。このレースは自分に合っていると思うので、もっときちんと調整して臨めば、きっと勝てるチャンスもあるし、一桁の成績を狙えると感じた」

 最終ステージを残して総合55位。2014年の初戦、ワールドツアーの本格ロードステージを走り終えた新城は、手ごたえを感じているようだ。

 26日の最終ステージは、4.75kmのサーキットを18周する85.5kmのクリテリウムで争われる。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・ダウンアンダー2014 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載