東京都知事選告示に合わせて運動を拡大「新都知事とつくろう、TOKYO 自転車シティ」キャンペーンが24日朝刊に全面広告を掲載

  • 一覧
読売新聞の1月24日付朝刊(東京都内版)に掲載される全面広告読売新聞の1月24日付朝刊(東京都内版)に掲載される全面広告

 特定非営利活動法人「自転車活用推進研究会(自活研)」は、東京都知事選の立候補者に自転車活用政策の推進を求めるオンライン署名キャンペーン「新都知事とつくろう、TOKYO 自転車シティ」をPRするため、読売新聞の1月24日付朝刊(東京都内版)に全面広告を掲載する。

 このキャンペーンは、2020年の東京オリンピックまでに、東京が世界水準の自転車インフラを備え、歩行者・自転車・クルマの三者が安全快適に通行できる都市になるよう求めるもの。特設ウェブサイト(http://www.cycle-tokyo.com)を通じて今月16日から署名活動を展開している。

 23日に告示された都知事選には16人が立候補し、2月9日の投開票に向けて選挙戦がスタートした。自活研では、都知事選に対する都民や国民の関心が高まるこのタイミングで新聞広告を掲載し、キャンペーン運動を拡大していく考えで、「ぜひ署名をしてください」と呼びかけている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

自転車活用推進研究会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載