【Teamユキヤ通信】ツアー・ダウンアンダー 第2ステージ新城幸也、粘りを見せるも集団スプリントに加われず 気持ち切り替えて「チャンスをうかがう」

  • 一覧
レース前のミーティング中のチーム ヨーロッパカーレース前のミーティング中のチーム ヨーロッパカー

 サントス・ツアー・ダウンアンダーの第2ステージが22日に行われた。新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は、この日もチームからのオーダーはなく、自由に走ることが許された。

 150kmで行われたレースは、序盤から3人の選手が逃げる展開で進行。ゴール地点を3回通過する終盤の周回は、なだらかながらアップダウンがハイペースで繰り返され、ここで遅れる選手も出始めた。

 3人の逃げが吸収されると、さらにふるいにかけられ、集団が小さくなっていくなかでのゴールスプリントとなった。新城は最後まで集団で粘ったものの、位置取りが上手くいかなかったためゴールスプリントに加わることができず、43位でゴール。

43位でゴールする新城幸也43位でゴールする新城幸也

 上り気味のゴールという情報だったため、このステージをターゲットの一つにしていた新城は、以下のようにコメントした。

 「今日も自由に走っていいと言われたから、スプリントに集中していたんだけど…。なかなか毎日うまくはいかないかっ。明日の第3ステージももちろんスプリントを狙っていきたいけど、それはまた明日のチームオーダー次第。第1ステージのような展開になると思うので、チャンスをうかがう」

 23日は途中にスプリントポイントが2回、最後に山岳ポイント1回の145kmでレースが行われる。新城は気持ちを切り替えて、次のチャンスを狙っている。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・ダウンアンダー2014 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載