国内販売は見込み以上、海外シェア獲得に弾み「ワールドビジネスサテライト」にパイオニアのペダリングモニターが登場 エキップアサダ浅田顕監督が紹介

  • 一覧
エキップアサダの浅田顕監督エキップアサダの浅田顕監督

 エキップアサダの浅田顕監督が、1月20日放送のテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」に登場し、エキップアサダがパイオニア株式会社と共同開発した「ペダリングモニター」システムを紹介した。現在、テレビ東京のウェブサイトでこの映像を動画で見ることができる。

 デジタル技術を利用したスポーツ解析と、そのビジネス化をテーマとしたこのコーナーでは、フィギュアスケートで世界レベルの選手を多数輩出している中京大学の映像解析システムや、ソニーが5月に発売するテニスラケットの動きをスマホで表示するシステム、そして昨年発売されたパイオニアのペダリングモニターシステムが紹介された。

パイオニアのサイクルコンピューター「SGX-CA900」パイオニアのサイクルコンピューター「SGX-CA900」
パイオニアのペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H90」パイオニアのペダリングモニターセンサー「SGY-PM900H90」

 映像内では、内野直也選手(EQA U23)に浅田監督が指導する様子などが映し出された。左右独立してペダリングパワーを測定できるほか、ペダリングのパワーベクトルを細かく分析できるなど、既存の製品にない新機軸が話題となっており、海外でのシェア獲得もねらう。昨年の発売以来、国内での販売は見込み以上だという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エキップアサダ パイオニア

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載