イベントレポート沖縄の碧い海とグルメを満喫! 「美ら島オキナワセンチュリーラン」に過去最多の2000人以上が参加

  • 一覧

 南国・沖縄の魅力を楽しむサイクリングイベント「美ら島オキナワセンチュリーラン2014」が1月19日(日)に開催され、春のような温かい気候のなか、過去最多となる2000人以上の参加者が碧い海やグルメを満喫した。

桜咲く沖縄で“走り初め”

大会のキャッチフレーズ「日本一早い桜と碧い海を走る」のとおり、満開の桜が参加者を迎えてくれた大会のキャッチフレーズ「日本一早い桜と碧い海を走る」のとおり、満開の桜が参加者を迎えてくれた

 美ら島オキナワセンチュリーランは、今年で5回目を迎えるファンライドイベント。沖縄の絶景・三大美橋を走り抜ける「センチュリーコース(160km)」をはじめ、沖縄のグルメ・ランチが食べ放題の「古宇利島・桜コース(100km)」、ビギナーにも優しい平坦ルートで、補給食は山盛りのスィーツ(!?)という「スィーツコース(60km)」まで、参加者のレベルに合わせて3コースが用意されている。寒~い本州を飛び出して、沖縄へ! まさに今年のサイクリングイベント“走り初め”にピッタリの大会だ。

 前日イベントの豪華さも、大会の魅力のひとつ。メーン会場の恩納村コミュニティセンターは「サイクルパーク」と称し、各自転車ブランドや地元沖縄のブースが軒を並べ、ステージでは様々なトークショーが行われた。各ブランドの試乗車も大盛況。高級バイクで往復約3kmの海沿いのコースを試乗できるとあって、行列が絶えなかった。。

 恩納村観光大使で、美ら島オキナワセンチュリーランに第1回から参加されている益子直美さん、フリーアナウンサーで今大会のゲストライダー・酒井千佳さんも前日イベントを楽しんだ(2人とも大会当日は古宇利島・桜コースを完走!)。

エイサーのお見送りでスタート!

 センチュリーコース(160km)に挑んだ参加者は、まだ薄暗い朝の7時に会場を出発。数多くの絶景ルートが存在する沖縄の中でも、このコースで走り抜ける「ワルミ大橋」「古宇利大橋」「海中道路」の3つの大橋から見る海の景色は最高だ。

センチュリーコースのスタートは朝7時。日の出前の薄暗いなか、エイサーの音に見送られて出発!センチュリーコースのスタートは朝7時。日の出前の薄暗いなか、エイサーの音に見送られて出発!
古宇利大橋をバックに走るゲストライダーの酒井千佳さん。「右を見ても、左を見ても、360度が海でした!」古宇利大橋をバックに走るゲストライダーの酒井千佳さん。「右を見ても、左を見ても、360度が海でした!」

 センチュリーコースのみ走ることのできる「海中道路」の海中道路ロードパークでは、名物“もずくの天ぷら”など沖縄グルメに舌鼓。さらにお楽しみとして、第4回大会から始まったミニヒルクライムイベントに挑戦! 優勝者には「ちゅら岳王ジャージ」、そして今年からは女性優勝者にも「ちゅら岳姫ジャージ」が贈呈され、大いに盛り上がった。

 古宇利島・桜コース(100km)は午前9時に会場を出発。このコースの魅力は何と言っても「80%がシーサイド。そして、ランチは食べ放題!」ということ。「古宇利大橋」では、青い海の上から空へ一直線に飛び込んでいくように、絶景のなかを走り抜ける。

 「向かい風が強く、漕いでも漕いでもなかなか前に進めませんでしたが、海の美しさがペダルを漕ぐパワーになりました」とは、ゲストライダーの酒井千佳さん。沖縄グルメの食べ放題ビュッフェは今年も大人気だった。

美味しい沖縄スィーツ、あふれる笑顔

 スィーツコース(60km)は、沖縄の文化・歴史を感じることのできる読谷村を中心に巡るコース。平坦な道が多いルートなので、初めて自転車イベントに参加する人でも安心して走ることができる設定だ。

 スィーツコースという名前の通り、途中4カ所に設置されたエイドステーションでは、サーターアンダギーや紅いもタルトなどがふるまわれ、美味しい沖縄スィーツの数々に、参加したサイクリストたちの笑顔があふれた。

ヤシの木が並ぶ南国沖縄らしい道を一列走行。路肩が広いので走りやすいヤシの木が並ぶ南国沖縄らしい道を一列走行。路肩が広いので走りやすい
仲間たちと感動のゴール。両脇の2人が持っているのは完走証。ラミネートサービスがうれしい仲間たちと感動のゴール。両脇の2人が持っているのは完走証。ラミネートサービスがうれしい

 のんびりと和やかなムードのなか開催された第5回美ら島沖縄センチュリーラン。南国らしい気候と、碧い海をはじめとする絶景の数々、そして島人の温かいおもてなしに年々、人気が高まり、リピーター率も上昇している。来年の走り初めも、ぜひ沖縄で――。そんな声に、地元の方々は「メンソーレ(お越しください)!」と応えてくれた。

文・臼井智子(ティンバー・プラネット)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載