大会・イベント情報2014「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」を3月15・16日に初開催 公道コースでロードレース、チームTTなど

  • 一覧
コース監修とアドバイザーを務める、小笠原崇裕選手コース監修とアドバイザーを務める、小笠原崇裕選手

 愛知県豊橋市で3月、公道を使用したロードレースイベント「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」が初開催される。ロードレース、2時間耐久レース、チームTT(タイムトライアル)などが行なわれ、レース前日には試乗会などのイベントも開催される。大会名に冠された「ええじゃないか」は豊橋の地元発祥とされ、毎年10月の豊橋まつりでもダンスの祭典が行なわれている。

 コースは豊橋市の港湾部である三河港周辺に、1周6.3kmのコースを設定(ビギナーなどは3.4kmのショートコースを使用)。コース監修はプロ・マルチアスリートの小笠原崇裕選手が担当した。ロードレースではこのコースを最大10周(エリート)、チームTTでは3~5人のチームで1周のレースを行なう。

 ロードレースには脚力や性別に応じた5クラス、またチームTTには“気合い”に応じた2クラスを設定、ロードレースの「エリート」とチームTTの「ガチ」クラスには賞金も用意される。2時間耐久は、1人で走る「ソロ」と、3人以内のチームで走る「チーム」「ファミリー」の、計3クラスで行なわれる。

 ダブルエントリー割引もあり、個人種目とチーム種目の両方で、一日中ロードレースを楽しめる。また、キッズ向けにランバイクの競技も行なわれる。

 レース前日には豊橋競輪場で受付が行なわれる(当日受付は無し)。この日は小笠原選手によるコース攻略法紹介や、メーカーの協力による試乗会などのイベントが多数企画されているという。

 申し込みは現金書留の郵送、もしくは大会公式ウェブサイト(http://cycle-festival.jp/toyohashi/)から可能。締切は2月28日(消印有効)となっている。

第1回 ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル

開催日:2014年3月15日(土)/16日(日)
3/15(土):豊橋競輪場(受付、試乗会などのイベント)
3/16(日):豊橋市三河港周辺の公道を封鎖したコースでのロードレースなど競技
主催:ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル実行委員会
後援:東三河県庁、豊橋市
競技種目:ロードレース、2時間耐久レース、チームT.T.レース
同時開催:キッズランバイクレース(未就学児童対象)
申し込み締切:2014年2月28日(金)消印有効
公式WEBサイト:http://cycle-festival.jp/toyohashi/

種目別カテゴリー/参加費/定員:
ロードレース
エリート:6,500円(JCF登録者 ※ポイント賞、賞金有)/100人
エキスパート:6,000円(レース経験豊富な上級者)/50人
スポーツ:6,000円(レース経験のある中級者)/50人
ウイメン:5,500円(女子)/20人
ビギナー:6,000円(初めて、もしくはそれに準ずる人)/50人

2時間耐久レース
ソロ:6,500円 /70人
チーム:16,500円/70チーム(1チーム3人以内)
ファミリー:13,500円/10チーム(1チーム3人以内)

チームT.T.
ファン:13,000円(仲間同士で楽しく走行)/30チーム(1チーム3人以上5人以内)
ガチ:17,500円(真剣勝負のタイムレース ※賞金有)/50チーム(1チーム3人以上5人以内)

キッズランバイク:1,000円(未就学児童)/100人予定

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載