ビワイチ、アワイチ、しまなみ海道の取り組みも紹介サイクルツーリズムで地域活性化を 「自転車観光推進地域交流フォーラム」大津市で3月1日開催

  • 一覧

 地域おこしのツールとして自転車を活用する「サイクルツーリズム」を推進するためのシンポジウム「自転車観光推進地域交流フォーラム」が3月1日、大津市で開催される。

「自転車観光推進地域交流フォーラム」のポスター「自転車観光推進地域交流フォーラム」のポスター

 自転車での観光は、徒歩よりも広い範囲を気軽に移動でき、地域の名所だけでなく、その間の景色を楽しんだり、途中でおもしろい場所やお店へ気軽に立ち寄ったりできる。観光客それぞれがお気に入りの場所を見つけ、地域をより深く知ることで、地域のファンを増やすことができる。

 そんな自転車観光をもっと盛り上げようと、びわ湖の自転車観光に取り組む「輪の国びわ湖推進協議会」などが主催してシンポジウムを開催する。

 パネリストには、しまなみ海道でガイドを務める宇都宮一成氏、「淡路島ロングライド」などの運営に関わる岩崎知巳氏、自転車旅専門の旅行会社「サイクリングツアーズジャパン」(奈良市)代表の杉野耕造氏、彦根市で自転車タクシーやレンタサイクルを営む「NPO法人五環生活」代表理事の近藤紀章氏らが登壇する。

 シンポジウム終了後には懇親会も開かれ、ゲストらと語り合うこともできる(参加費4000円)。

「自転車観光推進地域交流フォーラム」の概要

●とき:2014年3月1日(土) 午後2:30〜5:00
●ところ:旧大津公会堂3階ホール
●ゲスト(パネリスト)
宇都宮一成氏(NPO法人シクロツーリズムしまなみ)
岩崎知巳氏(一般財団法人淡路島くにうみ協会)
杉野耕造氏(サイクリングツアーズジャパン 代表)
近藤 紀章氏(NPO法人五環生活 代表理事)
●参加費:無料
※シンポジウム終了後、午後6時から同公会堂地下1階の大津グリルで懇親会(参加費4000円)が開かれる
●申し込み:2月25日(火)までに輪の国びわ湖ウェブサイトの申込み画面、または輪の国びわ湖推進協議会(FAX 050-3730-5843)まで参加人数、参加者全員の氏名、代表者の住所、所属、電話番号、シンポジウム・懇親会それぞれの参加・不参加を記入して申し込む
●主催:輪の国びわ湖推進協議会NPO法人 五環生活
●共催:歴史街道推進協議会、滋賀県立大学近藤研究室、滋賀プラス・サイクル推進協議会
●協力:NPO 法人環境市民
●問い合せ:輪の国びわ湖推進協議会 E-mail info@biwako1.jp FAX 050-3730-5843

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載