新製品情報後輪を外してセット、エリート「ターボ ムイン」 冬の室内トレーニングに最適

  • 一覧
エリート「ターボ ムイン」エリート「ターボ ムイン」

 イタリアの名門サイクルアクセサリーブランド「エリート」(ELITE)が、リアホイールを取り外して自転車を装着するダイレクトトランスミッション方式のホームトレーナー「TURBO MUIN」(ターボ ムイン)を発売した。同方式の製品はエリートでは初めて。

 ターボ ムインでは、一体化されたフルード(油圧式)負荷テクノロジーや内蔵フライホイール(187mm径、重量5.9kg)により、静粛性を確保するとともに実走感の高いペダリング感覚を実現。スピードの増加に従って徐々に負荷が加わり、リアホイールをターボ ムインに付け替えるだけで高出力での室内トレーニングを行なうことができる。

5mm 径のクイックレリーズを使用するエンド幅130~135mmのロードバイクやMTBが設置可5mm 径のクイックレリーズを使用するエンド幅130~135mmのロードバイクやMTBが設置可
最大負荷:20km/h 時=110W、40km/h 時=700W、60km/h 時=2150W最大負荷:20km/h 時=110W、40km/h 時=700W、60km/h 時=2150W
フルード負荷システムや内蔵フライホイールにより静粛性を確保フルード負荷システムや内蔵フライホイールにより静粛性を確保
シマノ9/10/11sドカセットスプロケットに対応シマノ9/10/11sドカセットスプロケットに対応
エリート「ターボ ムイン」にバイクを設置した状態エリート「ターボ ムイン」にバイクを設置した状態

 安定感が高いフレームは、折りたたみ可能な構造。エンド幅130mmまたは135mmで、5mm径のクイックレリーズを使用する自転車に対応する。20~29インチのホイール、シマノ9/10/11スピードカセットスプロケット(別売り)が使用可能で、ターボ ムイン用のカンパニョーロ9/10/11スピード対応フリーボディがオプションとして用意されている。

 ターボ ムインのデモ機設置店はウェブサイトに掲載されている。またエリートがYouTubeで公開している動画では、UCIプロコンチネンタルチーム「アンドローニジョカットリ」のマッティーア・カヴァッツィ選手がターボ ムインを“テストライド”する様子も見ることができる。

「TURBO MUIN」(ターボ ムイン)
重量: 約18kg
設置寸法: 約(たて)59cm×(よこ)56cm×(高さ)46cm
税抜定価: 66,476円
 
※オプション: ターボ ムイン用カンパニョーロ9/10/11s対応フリーボディ 6,190円(税抜定価)
※iPhone/iPadでトレーニング管理ができる「My E-Training」アプリに対応
※カセットスプロケット取り付けに関する問い合わせや取り付け作業は購入店にご依頼ください。
※自転車のフレーム形状によっては主にチェーンステイが本体に接触・干渉する場合があり、この場合ターボ ムインの使用はできません。必ず購入前に販売店にてご確認ください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エリート 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載