区役所は対策会議を設置して調査駐輪場あるのに…日本一の超高層ビル「あべのハルカス」、悩みの種は放置自転車

  • 一覧

 3月に全面開業を控える高さ300mの日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)。この周辺地域が予想外の放置自転車で頭を悩ませている。官民複数の駐輪場で計約7千台が収容可能なのだが、認知度が低く、利用が進んでいないのが理由だ。「駐輪場の場所が分かりにくい」という意見もあり、阿倍野区役所は利便性向上に向けて自転車利用者の実態調査に乗り出した。大阪の「新名所」で放置自転車を一掃できるか。(MSN産経ニュースwestより)

放置自転車が約1100台

来年3月に全面開業する高さ日本一の「あべのハルカス」=大阪市阿倍野区来年3月に全面開業する高さ日本一の「あべのハルカス」=大阪市阿倍野区

 「多くの人に来てもらいたいが、安全や住みやすさが損なわれては困る」。ハルカス南側の「松崎町二丁目振興町会」の大塚治雄(はるお)会長(70)は表情を曇らせる。理由は大量の放置自転車。歩道は狭まり、地元商店会や自治会には「子供や高齢者が安全に通れない」「自転車が邪魔で掃除ができない」などの声が寄せられている。

 大阪市建設局が2013年10月上旬の休日、路上駐輪が禁止されている近鉄・大阪阿部野橋駅周辺の南北約600m、東西約400mの区域で実態を調査したところ、放置自転車は約1100台を数えた。この結果に、同局の担当者は「放置自転車をゼロにできるはずなのに…」と困惑した。

 同局によると、同駅周辺には、公営と商業施設を合わせた自転車の駐輪場が14カ所あり、収容台数は計約7千台分あるのだ。ほとんどは最初の数時間が無料。にもかかわらず、昨年10月の調査で、約1100台の放置自転車が確認された一方、駐輪場には1700台以上の空きがあった。

「知っていたけれど、面倒くさくて」

放置自転車が並ぶあべのハルカス近くの歩道。2重に止められているところもあり、歩行者の通行を阻害している放置自転車が並ぶあべのハルカス近くの歩道。2重に止められているところもあり、歩行者の通行を阻害している

 十分な空きがあるはずなのに、なぜ違法駐輪がなくならないのか。17歳の高校生は「駐輪場があることは知っていたけれど、面倒くさくて止めてしまった」。61歳の主婦は「ほかの場所を知らなくて、目の前の駐輪場がいっぱいだったので、止めれないと思った」と話す。

 こうした状況は阿倍野区役所も把握しており、放置自転車対策として対策会議を設置。会議に参加している阪南大の松村嘉久教授(観光地理学)は昨年12月、阪南大の学生らとハルカス周辺地域に繰り出し、放置自転車の防犯登録を調べ、自転車がどの地区から来ているかを調査した。ハルカス全面開業の3月までに、利用目的や自転車が集まる時間帯の調査などデータの収集を本格化させる考えだ。

 松村教授は「放置自転車は地元にも観光客にも迷惑。データを分析し、どこに駐輪場への誘導員を配置するかや、駐輪無料時間帯の効率的な運用などに活用したい」と話している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載