初の五輪レースを終えた新城幸也「たくさんの応援、ありがとうございました!」

  • 一覧
「たくさんの応援ありがとうございました!」と、石垣島の同級生から送られた応援旗を広げ、満面の笑みを見せる新城(飯島美和撮影)「たくさんの応援ありがとうございました!」と、石垣島の同級生から送られた応援旗を広げ、満面の笑みを見せる新城(飯島美和撮影)

 ロンドン五輪、新城幸也の初めてのオリンピックロードレースは、48位完走という結果に終わった。早くもロンドンを離れ、拠点のフランスに戻った新城からの声が届いた。

 「たくさんの応援、ありがとうございました。結果で応えられずにごめんなさい。自分自身、今回のレースは何もできなかったので、悔しいという思いもありません」と新城。

 今回のレースでは金メダル確実と言われていた地元イギリスの現世界チャンピオン、マーク・カヴェンディッシュの動きをマーク。「絶対にスプリントになる」とプロトン内で最後のゴールスプリントに備えていたが、結局イギリス勢がコントロールするプロトンが逃げ集団に追いつけなかったため、新城にとっては不完全燃焼のレースになってしまった。

 「ロードレースに『絶対』と言う言葉はないことを実感し、4年に一度、この1日にすべて完璧に調整できたとしても、レースの展開によって、大きく流れが変わることを知りました」と五輪大会の難しさについて感想を述べている。

 その一方で「だからこそ、ロードレースは自分たちにとっても、オリンピックのメダルの可能性があったはず」とやはり若干の悔しさものぞかせた。次の五輪は2016年のリオデジャネイロ大会だが、まだ4年後のことは考えられないという。

 新城はまた、初めて選手村などで過ごした感想を語っている。

 「競技に関係なく、日本選手同士で挨拶がかわされるし、同じ日本代表のジャージを着て、同じ場所で食事をしていると、今まで知らなかった競技の選手達とも日本代表という同じチームなんだという連帯感が湧いてきて、日本選手頑張れっていう思いが強くなりました。チームメイトを応援する感覚です。これがオリンピックなんですね」と短い期間ながら、五輪会場の雰囲気を堪能したようだ。

 フランスに戻った新城は、8月1日にリモージュでのプロクリテに出場。続いて14日からのツール・ド・リムザン、19日のシャトールークラシックに出場するという。

(レポートと写真 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ロンドン五輪 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載