前全日本TT王者、東大卒の異才西薗良太が引退を発表 3年間のプロ生活にピリオド、アマチュアとして活動継続

  • 一覧
西薗良太西薗良太

 2012年のロード・タイムトライアルの全日本チャンピオンで、東京大学出身の異色のプロ・ロードレーサーとしても注目を集めた西薗良太(チャンピオンシステム プロサイクリングチーム)が12月31日、プロ選手を引退すると自身のブログで発表した。今後はアマチュアサイクリストとして競技を続ける意向という。

 西薗は31日朝、「引退のご報告」と題したブログのエントリーで、「大学を出てから3年間という短い時間ではあったものの、一年一年が挑戦の連続であり、濃密な時間でした」「2014年は一般企業で働きながらではありますが、いくつか面白い企画に携わります」などと綴った。

「ツアー・オブ・ジャパン2013」を疾走する西薗良太。総合6位、日本人最高位と健闘した「ツアー・オブ・ジャパン2013」を疾走する西薗良太。総合6位、日本人最高位と健闘した

 西薗は1987年、鹿児島県生まれの26歳。高校時代から地元のレースで頭角を現し、東大工学部へ進学後は自転車競技部でインカレ個人ロード、個人TTを制する二冠を達成した。2011年の卒業を機にシマノレーシングへ加入し、プロ生活を開始。

 2012年はチームブリヂストン・アンカーに所属し、全日本TTを制して日の丸ジャージを獲得したほか、ツール・ド・北海道では総合2位(日本人最高位)となるなど、名実共に日本のトップ選手の地位を築いた。

 2013年には香港を拠点とするUCIプロ・コンチネンタルチーム、チャンピオンシステムへ移籍。アジアを転戦し、国内ではツアー・オブ・ジャパンで総合6位(日本人最高位)と活躍していた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載