世界自然遺産の島で2月16日開催元モー娘。吉澤ひとみさんと一緒に「サイクリング屋久島」を走ろう! 公式サポーターに就任

  • 一覧

 元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみさん(28)が2014年2月16日に鹿児島・屋久島で開催される「2014 サイクリング屋久島」(主催・サンケイスポーツなど)の公式サポーターを務めることが決まった。世界自然遺産の同島を自転車で一周(100km)するイベントで、ロードバイク歴5年のよっすぃ~は「自然を感じながら、一緒に楽しく走りましょう!」と参加を呼びかけている。(サンケイスポーツより)

自身がデザインしたウエアでイベントに参加する吉澤ひとみさん。大好きなロードバイクで屋久島を走ることに心躍らせた =東京・東麻布(撮影・川口良介)自身がデザインしたウエアでイベントに参加する吉澤ひとみさん。大好きなロードバイクで屋久島を走ることに心躍らせた =東京・東麻布(撮影・川口良介)

「自然のパワーをいっぱいもらえそう」

ウエアと愛車のカラーリングはは鮮やかなブルー =東京・東麻布(撮影・川口良介)ウエアと愛車のカラーリングはは鮮やかなブルー =東京・東麻布(撮影・川口良介)

 推定樹齢7000年以上とも言われている縄文杉に、アニメ映画「もののけ姫」の舞台のモデルともなった原生林―。太古の森を感じられるサイクリングを、芸能界きってのスポーツウーマンが盛り上げる。

 「しびれますね。自然のパワーをいっぱいもらえそうで楽しみ。これから練習しなくっちゃ」サンケイスポーツの取材に応じた吉澤さんは、100kmコースの地図を見て武者震い。初めて訪れる屋久島に思いをはせた。

 今年で4度目となる「サイクリング屋久島」は、エコな乗り物=自転車に乗って屋久島の大自然を体感するイベント。順位やタイムを競うのではなく、島を満喫しながら完走を目指すのが特徴で、毎年、200人を超える老若男女のサイクリストが参加する。

 そんなイベントをサポートするのが、フットサルやスキューバダイビングなど多くのスポーツに精通し、自転車好きでも知られる吉澤さんだ。ロードバイクを始めたのは2009年。もともと町中を走るための自転車を探していたところ、自転車通のシャ乱Q・まことさん(44)に勧められたのがきっかけだったといい、「坂道もビックリするぐらい簡単に登れて、まんまとハマってしまいました」と笑顔。

「一緒に楽しく走りましょう」と呼びかけた吉澤ひとみさん =東京・東麻布(撮影・川口良介)「一緒に楽しく走りましょう」と呼びかけた吉澤ひとみさん =東京・東麻布(撮影・川口良介)

 同11月には山梨県で開催されたロードレース「ツール・ド・ジャパン2009 西湖ステージ」(20kmコース)、翌10年には沖縄県で開催の「石垣島アースライド2010」(125kmコース)を完走しており、「自分がガソリンとなって操作するのが楽しいんです」と魅力を語った。

 当日は参加者にエールを送るだけでなく、自身も愛車で屋久島を堪能する予定。世界自然遺産地区の西部林道には野生のサルやシカも多数生息しているだけに、「動物たちは、ぜひ見たい!」と大きな瞳を輝かせた。

 新年最初の目標に同イベントを掲げたよっすぃ~。「時間を気にせず、楽しく観光しながら走れれば。自転車で一緒に大自然を感じましょう!」と、参加者とのツーリングを心待ちにしている。

自分のペースで島の自然を堪能

 「サイクリング屋久島」は、ユネスコの世界自然遺産に登録されて20年の屋久島を自転車で一周(100kmの部)するエコライドイベント。タイムを競わないため、自分のペースに合わせて海からの風、迫力満点の滝、森林の澄んだ空気など島の自然を堪能できる。

チラシを手に、屋久島に思いをはせる吉澤ひとみさん =東京・東麻布(撮影・川口良介)チラシを手に、屋久島に思いをはせる吉澤ひとみさん =東京・東麻布(撮影・川口良介)
ツール・ド・フランスなどのニュートラルカーとして有名な「MAVICカー」が大会をサポートツール・ド・フランスなどのニュートラルカーとして有名な「MAVICカー」が大会をサポート

 ツール・ド・フランスなどのニュートラルカーとして有名な黄色い「マヴィックカー」が大会をサポートし、パンクなどのトラブルに対応する。各エイドステーションでは、地元の方々が島の食材を使ったトン汁やよもぎ団子などでおもてなし。コースでは、野生のサルやシカが応援に顔を出す!?

■「2014 サイクリング屋久島」募集要項

開催日:2014年2月16日(日)※雨天決行
締め切り:2014年1月19日(日)
参加料:島一周(100kmの部)大人9500円・小学生4000円
ショートコース(50kmの部)大人6500円・小学生3000円
参加資格:小学5年生以上の健康な男女。
大会規則を順守し、本コースを制限時間内で完走できる走力を有する者
エントリー方法:
1.スポーツエントリー http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/38350
2.電話 0570-550-846(平日午前10時~午後5時半)
問い合わせ:サンケイスポーツ事業部 03-3275-8851(平日午前10時~午後5時)
屋久島の観光や宿泊:屋久島観光協会 0997-49-4010(平日午前9時~午後5時)

【屋久島へのアクセス】

 空路は、東京・羽田空港から飛行機で鹿児島空港まで約1時間半、同空港から屋久島空港まで約30分。大阪・伊丹空港、福岡空港からは直行便がある。航路は鹿児島港から屋久島・宮之浦港または安房港までジェットフォイル(高速船)が就航。所要時間は2~3時間。「2014 サイクリング屋久島」参加者には、お得なパックツアーが案内中だ。詳しくは屋久島トラベルへ。

 

関連記事

この記事のタグ

サイクリング屋久島

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載