2億円赤字問題で広がる余波「さいたまクリテリウム」追加補助金の採決に至らず 市議会、廃案か否決の可能性も

  • 一覧
約2億円の赤字となり追加支出を求めたが、審議は行われなかった約2億円の赤字となり追加支出を求めたが、審議は行われなかった

 自転車レース「さいたまクリテリウム by ツールドフランス」の赤字問題で、さいたま市議会予算委員会は19日、市が補助金として1億5200万円の追加支出を求めた補正予算案についての審議を行わず、採決に至らなかった。このため、本会議での委員長報告も行わなかった。

 報告は最終日の20日に行われ、追加補助金の議案も議論される予定。ただ、赤字を出した経緯について、実行委員会の不手際ともいえる実態が明らかになったことから、与野党問わず反発している議員が多い。展開次第では廃案か否決になる可能性も指摘される。

 一方、市議会が決議した市が支出した補助金1億5000万円の監査請求について、さいたま市監査委員は19日、「おおむね適正に行われていると認められた」との結果を報告した。

産経新聞・埼玉版より)

関連記事

この記事のタグ

さいたまクリテリウム by ツールドフランス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載