村上義弘、新田祐大、渡辺一成らが参加競輪のトップクラス18選手が新選手会を発足 東京五輪にらみ「世界で活躍できる選手を育成」

  • 一覧

 競輪のトップクラス18選手が一般社団法人「日本競輪選手会」(会員約2700人)を脱会し、一般財団法人「SS11(エスエスイレブン)」を母体とした新選手会を発足させたことを19日、東京都内のホテルで開かれた会見で明らかにした。(サンケイスポーツ)

選手会の新団体発足を発表した(左から)平原康多、村上義弘、新田祐大、武田豊樹、長塚智広選手会の新団体発足を発表した(左から)平原康多、村上義弘、新田祐大、武田豊樹、長塚智広

 会見に参加したのは村上義弘、武田豊樹、長塚智広、平原康多、新田祐大の5人で、「SS11」とは一昨年、被災地復興支援のために競輪選手トップ9人で創設した団体。

 2020年に東京五輪が決まったこともあり、「日本の競輪は残念ながら世界と差がある。東京五輪ではケイリンに関してはメダル独占を狙えるように、世界で活躍できる自転車選手の育成をしたいと思っている。トップ選手として何かできないかと思って決断した」と自転車競技の強化普及、発展のために新選手会を発足した、と説明した。

 しかし「日本の競輪を走りながら海外でも走るということは、賞金は減るしスケジュールも厳しい。今の時点では環境も整っていないし、五輪に照準を絞れない状態」と日本競輪選手会への不満の声ももれた。

 競輪を統括するJKAは今回の件に関し、「選手登録をしている以上は従来通りにやっていくつもり」と新団体の選手にも今まで通り斡旋をしていく方針を明らかにした。

◆日本競輪選手会・佐久間重光理事長「本会への説明もありませんでしたし、詳しい事情がわかりません。状況の把握につとめ、現場が混乱しないように対応したいと思います」

日本競輪選手会を脱会した選手

新田祐大、成田和也、伏見俊昭、佐藤慎太郎、山崎芳仁、渡辺一成、小野大介(いずれも福島)、佐藤友和(岩手)、武田豊樹、長塚智広、牛山貴広(いずれも茨城)、平原康多(埼玉)、岡田征陽(東京)、村上義弘、村上博幸、川村晃司、稲垣裕之、藤木裕(いずれも京都)

サンケイスポーツより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪 競輪・競輪場

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載