買い物や観光の足に幕張新都心で無料レンタサイクル開始 国内最大級の商業施設「イオンモール」オープンに合わせて試行

  • 一覧
幕張新都心内で無料で乗り降りできる自転車 =海浜幕張駅前(杉侑里香撮影)幕張新都心内で無料で乗り降りできる自転車 =海浜幕張駅前(杉侑里香撮影)

 巨大ショッピングモール「イオンモール幕張新都心」が20日にオープンすることに合わせ、千葉市と同市観光協会は幕張新都心内で無料で自転車を貸し出し、観光や買い物の足として利用してもらう「幕張新都心コミュニティサイクル(愛称・マックル)」事業の社会実験を17日にスタート。こうした試みは千葉県内では初めてで、新都心の回遊性の向上や街のにぎわい創出に役立つかどうかを検証する。

 社会実験ではJR海浜幕張駅とイオンモール幕張新都心内にサイクルポート(自転車置き場)をそれぞれ2カ所設け、60台の自転車を振り分けて配置。自転車の鍵部分に100円を投入すると利用でき、いずれかのポートに自転車を戻した際に100円が返却されるデポジット(保証金)制を採用した。

 幕張新都心は埋め立て地のため土地がおおむね平らで、自転車での移動に向いている。時間に応じた料金で自転車を貸し出すレンタサイクルは県内の自治体で行われているが、利用料や登録料を無料とした例はこれまでなかったという。観光や出張などで訪れた人に、同店やほかの観光施設へ足を向けやすくする狙いがある。

 社会実験は平成27年3月末までを予定。自転車のサイズは26インチで、前かごには防犯カバーを設置。後輪部分には広告スペースを設け、協賛企業を募る。利用可能時間は午前10時~午後6時で、利用状況などに応じてサイクルポートの増設や、利用時間の延長なども検討するとしている。

産経新聞・千葉版より)

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載