TCFシクロクロス風自転車学校 in ブリヂストン東京工場目指すは将来のチャンピオン? シクロクロスを通じて自転車の技術を学んだキッズスクール

  • 一覧

 昨今、熱い盛り上がりをみせている自転車オフロードレース「シクロクロス」。このシクロクロスを取り入れた“自転車学校”が12月8日、東京都自転車競技連盟の主催で、東京都小平市のブリヂストン東京工場の敷地内で開催された。約30人の小・中学生が集まり、様々な科目をこなしながら、自転車の上手な操り方を学んだ。

プラスチックのお盆にボールを載せてリレーする「出前ゲーム」スタート!プラスチックのお盆にボールを載せてリレーする「出前ゲーム」スタート!

飽きのこないカリキュラム構成で技術習得

講師を務めた大山智さん講師を務めた大山智さん

 スクールは、滋賀県で全日本シクロクロス選手権が行われたのと同じ日に開催された。講師には、埼玉県吉見でシクロクロスシリーズ「GPミストラル」を主催している大山智さんを迎えた。大山さんは同シリーズ内でもスクールを開講するなど、指導経験が豊富。さらにサポート役を、子供向け教室の開催経験が豊富な東京都自転車競技連盟の普及協会スタッフが担当した。

 朝の受付では、参加するキッズたちのヘルメットに貼る「名前ステッカー」を用意。各選手の苗字でなく名前を書くのは、親しみが増すと同時に、兄弟や姉妹で参加するキッズが多いこともある。そんな和気あいあいとした雰囲気の受付を終えて、しっかりと自転車レースに出場するような支度のできたキッズたちが大山講師の前に集合した。

 最初に軽い準備運動をおこなった後、広場の外周に設定したシクロクロスコースをランニングで元気に一周。ストレッチや馬とびなどの瞬発力を刺激する運動をした後は、石蹴りを応用したゲームを開始。細かい動作を必要とする石蹴りゲームには、ちょっと苦心しながらも、キッズは笑顔いっぱいで楽しんでいた。

まずはシクロクロスコースを皆でランニング!まずはシクロクロスコースを皆でランニング!
スタッフが開いたり閉じたりする脚の間を器用にジャンプ!スタッフが開いたり閉じたりする脚の間を器用にジャンプ!
「ケンケンパー」で、さらに身体をほぐす参加キッズたち「ケンケンパー」で、さらに身体をほぐす参加キッズたち

 休憩を挟み、今度はヘルメットの後部に紙テープを付け、その紙テープを講師やスタッフに取られないように自転車で走り回る「鬼ごっこ」が行なわれた。さほど広くないエリア内を、キッズたちは器用に自転車をコントロールして、鬼役の大人たちの手をすり抜けていく。時には自転車同士ぶつかりそうになるものの、お互いにハンドルを上手に切って回避する姿は、思わず「すごい!」と見入ってしまうほどだ。

「出前ゲーム」で器用にお盆の上のボールをコントロールする参加キッズ選手「出前ゲーム」で器用にお盆の上のボールをコントロールする参加キッズ選手
流鏑馬のように、自転車に乗ったまま指定の的へボールを投げる!流鏑馬のように、自転車に乗ったまま指定の的へボールを投げる!

 さらに、ボールを使ったダッシュ走行や、ボールをトレーに載せてリレー走行する「出前ゲーム」、流鏑馬(やぶさめ)のように走りながら的にボールを当てるゲームなど、様々な形式の科目をこなしながら、キッズたちは知らず知らずのうちに技術が身に付くようになっている。

エリアを縄で区切った中を縦横無尽に走るゲーム。この縄はどんどん狭まっていく!エリアを縄で区切った中を縦横無尽に走るゲーム。この縄はどんどん狭まっていく!
上級生のキッズ選手たちは器用に狭まったエリア内を走る上級生のキッズ選手たちは器用に狭まったエリア内を走る
思わず倒れるキッズ選手、芝生の上なので怪我なく転ぶことができる思わず倒れるキッズ選手、芝生の上なので怪我なく転ぶことができる
黄色パイロンを、いくつターンできるか?を競うゲーム黄色パイロンを、いくつターンできるか?を競うゲーム

本格的なシケイン越えにチャレンジ! 最後はレース

シクロクロスならではの「飛び乗り」を行なう参加キッズ選手シクロクロスならではの「飛び乗り」を行なう参加キッズ選手

 さて、シクロクロスといえば「障害物越え」が定番。本格的なシケイン越えも、キッズたちにしっかりと指導された。ここでは普及委員でもある1999年全日本シクロクロスチャンピオンの須藤むつみさんと、埼玉県秩父で10年以上にわたりシクロクロスを主催し、自身も現役選手である須藤大輔さんが、お手本を見せながら指導に加わる。

 シケインを越えるコツを、自転車を降りる~自転車を担ぐ~自転車に飛び乗る、といった動きごとに分け、反復練習を行なうことで、キッズたちも上手にシケインを越えられるようになった。

シクロクロスの「シケイン越え」を実演を交えて教える大山さんシクロクロスの「シケイン越え」を実演を交えて教える大山さん
上手にブリヂストンシケインを越えていく参加キッズ選手上手にブリヂストンシケインを越えていく参加キッズ選手

 スクールの最後には、キッズと大人がペアを組んでの「15分シクロクロスレース」を開催。それぞれ講師やスタッフ、自転車を持参した保護者らとペアを組み、1周回ごとにキッズと大人が交代しながら走る。キッズたちはその日の講習で覚えたテクニックやコツを駆使して、それぞれに熱い走りを見せてくれた。

 スクール終了時には、皆で集まって総括と挨拶、そして集合写真撮影でスクールの全スケジュールを終えた。スクールは朝9時から12時までの長丁場であったが、キッズたちは大山さんの的確な指導と、飽きのこない講習構成のおかげもあって最後まで熱心に受講していた。

子供・大人ペアで15分間のシクロクロスレース!子供・大人ペアで15分間のシクロクロスレース!
選手交替も真剣そのもの選手交替も真剣そのもの

 参加者の中島瞳(9)ちゃんは「自転車に乗っていろんな遊びをしました。自転車でボールと競争したり、自転車に乗ってボールをなげたりして遊びました。とても楽しかったです!」と可愛い笑顔でコメント、そんな瞳ちゃんのお兄ちゃんである中島渉くん(10)は「シクロクロスでのシケインの越え方、自転車の降り方、乗り方を教えてもらった。前よりも早くシケインを越えられるようになることができた。最後にやった親子レースでは、妹もいたので僕は先生と組んでお父さんと初めてレースで戦った。そして勝ったのは、うれしかったです!」と、スクールでの成長をしっかりとコメントしてくれた。

 一方で、参加キッズの保護者からは「自転車スキルアップの笑顔でできる方法を学びました。ボールを使ってのスタート練習はこれからも参考にしていきたいと思います。最後の親子レースは本当にキツかったです!」と、子供たちに自転車を楽しみながら強くなってもらうコツも得られていた様子だった。

最後にシクロクロス学校受講キッズ選手、講師、スタッフと記念撮影!最後にシクロクロス学校受講キッズ選手、講師、スタッフと記念撮影!

競技連盟が開催するスクールで、子供たちの持つ無限の可能性を手助け

 今回のスクールは、自転車教室を長く開催している東京都自転車競技連盟の普及委員会が、昨今のシクロクロスの盛り上がりを受けて、初めてシクロクロス形式で実施したもの。

本格的なシクロクロスバイクも実際に体験してもらった本格的なシクロクロスバイクも実際に体験してもらった

 シクロクロスレースは、コース設定が1周1~2km前後と短くても開催できるとあって、近年は都心部に近い場所でもレースが開催され始めている。東京都内ではお台場での「シクロクロス東京」が2014年2月に3回目のレースを開催するほか、競技連盟が八王子市でレースを開催している。近隣地域でも、埼玉県で数年に渡るシリーズ戦が開催、そして神奈川県、茨城県もそれに続いている。

 スクールを統括した東京都自転車競技連盟・普及委員の小林文弥さんは、「今まで東京都車連の普及委員会で行なっていた子供たちの自転車学校は、ロード主体でしたが、今回初めてシクロクロスの要素を取り入れた自転車学校を開講できました。恐らく都内ては初めての試みだと思います。身近なグラウンドを使ったシクロクロスのスキルとテクニックを経験できる自転車学校は、今後のわれわれの取り組みにとっても良いヒントとなりました」と話す。

投げたボールの場所まで、一気にダッシュをするゲーム投げたボールの場所まで、一気にダッシュをするゲーム
ブリヂストンシケインを越えていく参加キッズ選手ブリヂストンシケインを越えていく参加キッズ選手
「ボトル受け渡しリレーゲーム」にチャレンジ「ボトル受け渡しリレーゲーム」にチャレンジ

 またスクールのねらいについて、「私たち普及委員会は、子供たちが正しく高いスキルを身に付けて安全に楽しく自転車に乗れることをベースにしています。そして、子供たちの持つ無限の可能性を手助けするために、ロード、シクロクロス、MTB、トラックなどいろいろな経験をしてもらい、将来の目標を見つけ、大きく育ってほしいと考えています。今回参加してくれた子供たちから、世界で戦える選手が必ず出てくると感じました!」語った。

 同連盟では今後も継続して、世界に羽ばたく有望な自転車選手たちを育成する活動を企画・運営をする予定だ。7年後の2020年にオリンピックの開催が待っている東京都の、その育成活動に注目したい。

(レポート 須藤むつみ)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載