第19回全日本シクロクロス選手権大会【速報】竹之内悠が男子エリート3連覇 中盤から独走し圧勝 全日本シクロクロス

  • 一覧

 今年で第19回目を迎える全日本シクロクロス選手権が8日、滋賀県高島市のマキノ高原特設コースで開催された。

 この日のメーンレースとも言える、男子エリート(60分)は、13時にスタート。序盤から竹之内悠(京都・コルバ・スペラーノハム)と小坂光(長野・宇都宮ブリッツェンシクロクロス)が競り合う展開。中盤で小坂がパンクで遅れ、以降は竹之内が独走。2位に1分以上の大差をつけて、このカテゴリーで3連覇を達成した。

竹之内悠(京都・コルバ・スペラーノハム)が独走で3連覇竹之内悠(京都・コルバ・スペラーノハム)が独走で3連覇

 アクシデントで遅れた小坂だったが、終盤粘って2位。中盤以降に小坂と競り合った沢田時(滋賀・チームブリヂストン・アンカー)が3位に入った。なお、沢田はアンダー23(23歳以下)でトップとなった。

全日本シクロクロス選手権大会・エリート男子結果
1 竹之内悠(京都・コルバ・スペラーノハム)
2 小坂光(長野・宇都宮ブリッツェンシクロクロス)
3 沢田時(滋賀・チームブリヂストン・アンカー)

文・写真 福光俊介

この記事のタグ

シクロクロス

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載