デザイン賞に輝いたハイエンドTTバイク STORCK「AERO2 IS」

  • 一覧

 29日に東京・大手町の東京サンケイビルのイベントで展示されたSTORCK(ストーク)。日本ではやや馴染みの薄いブランドだが、本場ヨーロッパにおいては、非常に高い開発力を持つ革新的なバイクブランドとして認められている。STORCK BICYCLEを率いるマーカス・ストークは、ドイツバイク界の鬼才として知られ、今や世界最大のバイクショーに成長したユーロバイクの創設者の一人でもある。

STORCK AERO2 ISSTORCK AERO2 IS

 タイムトライアルバイクのAERO2 ISは、電動変速システム(シマノ・Di2、カンパニョーロ・EPS)専用設計のハイエンドモデル。空力効果に優れ、細かいポジション調整が可能な専用エアロハンドルが付属する。また、サドル取り付け部を前後にスライドさせることで、シート角を73°から79°まで調整可能だ。ワイヤーは空力を考えて内蔵処理がなされ、またブレーキもフロントフォークとリアシートステー内に隠れる形で、Vブレーキタイプのものがセットされる。

 テクノロジーと同時にデザインにもこだわりを見せるのがSTORCK。ドイツらしい洗練されながら飽きのこない、長く使えるデザインが特徴だ。AERO2 ISも、世界で最も権威のあるデザイン賞の一つである「iFデザイン賞」で金賞を受賞している。

専用エアロハンドルシステム。DHバー部分は長さの異なる2タイプが付属する専用エアロハンドルシステム。DHバー部分は長さの異なる2タイプが付属する
ハンドルを上から。エアロバーの先端にも電動シフトの変速ボタンが装備されるハンドルを上から。エアロバーの先端にも電動シフトの変速ボタンが装備される
非常にバランスの取れたフォルムをもつ非常にバランスの取れたフォルムをもつ
フロントフォークの中にブレーキが内蔵されるフロントフォークの中にブレーキが内蔵される
シートステー部。リアブレーキも内蔵型だシートステー部。リアブレーキも内蔵型だ
サドル取り付け部をスライドさせて、シート角を調整できる。Di2のバッテリーはシートピラー後部に取り付けるサドル取り付け部をスライドさせて、シート角を調整できる。Di2のバッテリーはシートピラー後部に取り付ける

(問)モトクロスインターナショナル

この記事のタグ

ストーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載