夜間反射材を配布 左側路側帯の走行も呼びかけ年末の自転車事故防止へ 兵庫・武庫川女子大で学生らに街頭キャンペーン

  • 一覧
西宮市池開町の武庫川女子大で、自転車利用者に事故防止を呼びかける甲子園署員=武庫川女子大学(芦田彩撮影)西宮市池開町の武庫川女子大で、自転車利用者に事故防止を呼びかける甲子園署員=武庫川女子大学(芦田彩撮影)

 交通事故が増える懸念がある年末を迎え、兵庫県警甲子園署は12月5日、兵庫県西宮市池開町の武庫川女子大で、自転車利用者に事故防止を呼びかけるキャンペーンを行った。

 同署管内では今年1月~10月、自転車が関係する事故が138件発生。事故全体の4割強を占めている。

 キャンペーンには、同署員や学生ボランティアら約10人が参加。自転車で通学する学生らに夜間反射材を配布したほか、12月1日に施行された改正道交法に基づき、道路左側の路側帯の走行を呼びかけた。

産経新聞・阪神版より)

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載