「日本にスポーツを根付かせる」スポーツベンチャー自転車乗り大歓迎! 「ルーツ・スポーツ・ジャパン」がイベント運営アシスタントを募集

  • 一覧
「ルーツ・スポーツ・ジャパン」ホームページより「ルーツ・スポーツ・ジャパン」ホームページより

 自転車やランニングを中心に市民参加型スポーツイベントの企画運営を手がける「ルーツ・スポーツ・ジャパン」(東京都渋谷区、中島祥元社長)が、イベント運営アシスタント(正社員)を募集している。

 同社は「日本にスポーツを根付かせる」という理念のもと、平成21年3月に設立。1000~5000人規模の“Do スポーツイベント”をプロデュースしている。サイクルイベントではこれまでに「東西対抗エンデューロ」、「かすみがうらエンデューロ」、「温泉ライダー IN 加賀温泉郷」、「湘南バイシクル・フェス2013」(受託)などさまざまな大会を手がけ、成功させてきた。

 猛暑で有名な埼玉県熊谷市では、その暑さを逆手に取った「バーニングマンレース」、また漁港で有名な静岡県焼津市では、漁港の敷地をコースにした「フィッシュマンレース」を企画するなど、ユニークな着想からオンリーワンの個性的なイベントを数々創設している。

 今回募集される職種は「イベント運営アシスタント」で、参加者対応などイベントの裏方を支える仕事だ。「先頭に立ってチームを引っ張っていくのは苦手だけれど、仕事で貢献したい」「リーダーのサポート役として、チームで活躍したい」といった、部活動で言えば主務・マネージャーのようなタイプの人材を求めているという。

 中島社長によると、「自転車乗り大歓迎」だそうだ。若く活気のあるスポーツベンチャーで、オリジナル自転車イベントの企画に参加してみたい若者には、チャンス到来といえそうだ。


新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載