「想像すらできないことへの挑戦」がモットー「チームきわみ」が人類史上初の南極トライアスロンを走破 愛車はケルビムのファットバイク

  • 一覧
「チームきわみ」では「サハラ砂漠マラソン」も完走を果たしている(2012年)

 子供向けワンサイズバイク「ホビーバイク」を展開するビタミンiファクトリーの渡辺未来雄社長ら6人のメンバーによる「チームきわみ(極)」が、11月23日(日本時間)に南極を舞台にして行なわれたトライアスロンで完走を果たした。

 南極でのトライアスロンは初めての試みで、種目はラン、バイク、そしてスイムの代わりとなるクロスカントリースキーの3つ。今回、参戦したのは同チームのメンバーのみだった。

 レースは“比較的温かい”マイナス12℃の環境下で行なわれ、渡辺さんが6時間18分49秒で最初にゴールへ飛び込んだ。

 また6人は、前日の22日に行なわれ21カ国約60人が出走した第9回アイスマラソンへも参加。42.2kmを全員が走破している。

ビタミンiファクトリーの渡辺代表取締役(2013年8月)ビタミンiファクトリーの渡辺代表取締役(2013年8月)
ケルビムの南極特別仕様車「ビッグフット」ケルビムの南極特別仕様車「ビッグフット」
「ビッグフット」のスパイク付きファットタイヤ「ビッグフット」のスパイク付きファットタイヤ

 バイク種目で使用した機材は、渡辺さんが、オーダーメイド自転車を手がける「ケルビム」へ特注。極寒の地でトライアスロンを走破しうる「ビッグフット」は、ファットタイヤを履き、フロント・リアともにディスクブレーキが採用されたクロモリフレームの南極特別仕様車だ。

 チームきわみのメンバーは、全員が企業の経営者。2012年には、仕事の合間をぬって“世界一過酷なマラソン大会”と称される「サハラ砂漠マラソン」(モロッコ)へ出場。250kmの道のりを全員で完走している。チームでは、「想像すらできないことへの挑戦」をモットーに活動を続け、フェイスブックページで情報発信をしている。


関連記事

この記事のタグ

オーダー自転車 トライアスロン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載