1泊2日の送迎バスツアーに「ちゃりん娘」も参加美しい島々や快適なコース、地元の名物を満喫した「しまなみ・とびしま海道サイクリング」

  • 一覧

 奈良・大阪発の「しまなみ・とびしま海道サイクリング送迎バスツアー」が10月12、13日に開催された。参加者はバスで移動し、バイクや荷物はトラックで届けてくれるという1泊2日のツアーに、自転車好きのタレントグループ「ちゃりん娘」の和泉まい、松本奈々も参加。島々を結ぶ橋やフェリーでの移動、美しい景色、地元の名物などを堪能しながら、魅力溢れる海道を駆け抜けた。(レポート 「ちゃりん娘」監督・樋口武史)

◇           ◇

尾道のスタート地点で集合写真尾道のスタート地点で集合写真

 気持ちよく晴れ渡った10月12日、JR大阪駅周辺の指定場所に、朝7時15分に集合。奈良、天王寺集合の皆さんを乗せたバスに乗り込みました。大事なバイク、荷物は別便の専用トラックに。一路、尾道に向かって快適なバスの旅の始まりです。

 途中の休憩をはさみ、尾道駅に12時過ぎに到着!荷物は宿泊先の今治まで届けてもらえるので、バイクを受け取れば準備OK。広島の方々から歓迎を受け(ありがとうございました!)、「スタートの前に腹ごしらえ!」と、尾道ラーメンを堪能しました。フェリーに乗り込み、ワクワクする気持ちを抑えて、いよいよスタート!

 しまなみ海道のサイクリングロードにはブルーのラインが引かれ、今治まで迷うことなく走れます。島々の景色と、海を見ながら気持ちよく足を回す。快適の一語に尽きます。

尾道ラーメンを堪能しました尾道ラーメンを堪能しました
自転車と一緒にフェリーに乗り込みます自転車と一緒にフェリーに乗り込みます
ブルーラインに沿って走行ブルーラインに沿って走行

 フェリー乗り場で購入したサイクリングクーポンの付いたチケットを使って、各ブリッジの無人料金所にチケットを入れて通過していきます。途中、メンバーが楽しみにしていた因島の「はっさく屋」に立ち寄り、はっさく大福を美味しくいただいて、お土産もしっかり購入してから再スタート。軽快に走り続けました。

「はっさく屋」社長と記念撮影する松本奈々(左)と和泉まい「はっさく屋」社長と記念撮影する松本奈々(左)と和泉まい

 そして2回目の休憩ポイントにはサイクリストの集まるジェラート屋さん! ジェラートと生ジュースでパワーを取り戻し、今治に向かいます。サイクリングロードの各所には、サイクリスト向けのサインポストが多くあり、自身の現在位置や目的地までの残り距離などが一目でわかります。

 多田羅大橋や島々には多くの見どころがありますが、尾道でゆっくりしすぎて時間がタイトになっていたので、休憩もそこそこに先を急ぎます。伯方島を通過した頃には、いよいよ陽が傾いて来たのでペースアップ! 夕陽が美しく、疲れも吹き飛びます。

 早めのライトONで、すれ違うサイクリストさんにアピールしながら初日の最終目的地、今治の「ホテル菊水今治」に到着。走行距離は81.38kmでした。今治の地元料理の焼き鳥屋さんで英気を養って眠りにつきました

多田羅大橋をバックに撮影する松本奈々(左)と和泉まい多田羅大橋をバックに撮影する松本奈々(左)と和泉まい
海道から見える夕陽海道から見える夕陽
「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれている御手洗「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれている御手洗

 翌朝は7時に朝食を取り、別送の荷物を預けて約40kmの「とびしま海道コース」にチャレンジ! 1日目のスタート地点まで戻る「しまなみコース」の皆さんとはひとまず分かれてフェリーに乗り込み、美しい景色を見ながら岡村島に到着。時間的余裕もあるので、ゆっくりとびしま海道サイクリングのスタートです。

 御手洗(みたらい)では、江戸時代の街並みを彷彿させる散策道を見て歩きました。快適なサイクリングを堪能しながら、午後1時半、安芸川尻フェリー乗り場に到着。専用トラックにバイクを預けバスに乗り込みました。しまなみコースを選んだ参加者の方を尾道駅でピックアップして、快適なバスで帰路につきます。休憩をはさみ、予定通り午後8時に大阪駅へ到着!

とびしま海道で記念撮影とびしま海道で記念撮影
ゴール地点となるフェリー乗り場に到着ゴール地点となるフェリー乗り場に到着

 素晴らしい「しまなみ・とびしま海道」の旅が終わりました。たくさんの楽しい思い出と共に、また必ず行きたくなるくらい素晴らしい旅でした。しまなみ・とびしま海道、ありがとう! また帰ってきます。

この記事のタグ

しまなみ海道 ちゃりん娘

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載