右側路側帯、自転車はダメ「右側走行は危険」小学生に説明 兵庫・姫路署が交通安全教室を開催

  • 一覧
「かんべえくん」も参加し、児童らが自転車で道路右側を通行する危険性を学んだ交通安全教室=姫路市立山田小学校(姫路署提供)「かんべえくん」も参加し、児童らが自転車で道路右側を通行する危険性を学んだ交通安全教室=姫路市立山田小学校(姫路署提供)

 自転車で道路右側の路側帯通行を禁じる改正道交法が12月1日から施行されるのを前に、兵庫県警姫路署は27日、姫路市立山田小学校で、3、4年生を対象に交通安全教室を開いた。「ひめじ官兵衛プロジェクト推進協議会」のイメージキャラクター「かんべえくん」も参加し、児童らに新しい交通ルールを伝えた。

 道交法では現在、自転車などが道路の右側を通行することを禁じているが、改正後は禁止の範囲が路側帯にまで拡大され、違反者には最大で3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される可能性があるという。

 安全教室では、同署の高木雅裕交通1課長が道路の右側を走ることの危険性などを解説した後、児童らが校庭に白線などで作られた“道路”で実技訓練を行った。高木課長は「接触事故などに巻き込まれないように、左側通行の原則を徹底してほしい」と話していた。

産経新聞・播州版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載