EKIDEN部門に「ちゃりん娘」が参戦キッズからアスリートまで300人が出場 初心者でも参加しやすい「ラブトライアスロン」初開催

  • 一覧

 トライアスロンイベント「LOVE TRIATHLON(ラブトライアスロン)」が9月23日、兵庫県三木市のグリーンピア三木で初開催されました。初心者が参加しやすいイベントとして企画され、キッズからパラリンピックを目指すアスリートまで、幅広い層の選手たちが出場。自転車好きの女性タレントグループ「ちゃりん娘」から浦田歩、松本奈々、進藤華奈恵の3人も参加し、チームを組んで「EKIDEN」部門に出場しました。(レポート 「ちゃりん娘」監督・樋口武史)

初開催のラブトライアスロンを約300人の選手たちがイベントを楽しんだ。ちゃりん娘も出場し大活躍初開催のラブトライアスロンを約300人の選手たちがイベントを楽しんだ。ちゃりん娘も出場し大活躍

◇           ◇

EKIDENに出場した(左から)進藤華奈恵さん、松本奈々さん、浦田歩さんEKIDENに出場した(左から)浦田歩さん、松本奈々さん、進藤華奈恵さん

 ラブトライアスロンは、NSIトライアスロンスクールの代表を務める西内洋行さんの、トライアスロン初心者がもっと手軽に参加できるようにという思いから開催された大会で、今回が記念すべき第1回。女性に親しんでもらえるようにと、イメージカラーにピンクを使ったり、ロゴにハートマークを入れたりと、工夫を凝らせた親しみある大会になりました。完走メダルや、参加者Tシャツもラブリーなデザインで、参加者の皆さんにも大好評でした。パラトライアスロンも積極的に受け入れて、バリアフリーの大会になっています。

 「ちゃりん娘」からトライアスロンに初参加する松本奈々と進藤華奈恵は、NSIトライアスロンスクールでスイムとランの事前トレーニングを重ね(練習不足は否めませんが…)、ドキドキの大会本番を迎えました。

オリンピック選手の(右から)岡本依子さん、鈴木祐美子さん、森本さかえさんもゲスト出場したオリンピック選手の(右から)岡本依子さん、鈴木祐美子さん、森本さかえさんもゲスト出場した

 初開催を祝うように晴天が広がった夏日。ちゃりん娘メンバーで、アイアンマン大会の常連でもある浦田歩リーダーのもとで、作戦会議を開きました。あとはもう、やるっきゃない! ゲストには、テコンドーの岡本依子さん、カヌーの鈴木祐美子さん、ホッケーの森本さかえさんというオリンピック日本代表選手たちが登場し、同じくチーム駅伝で出場されました。

 まずはキッズ、ジュニアからスタート。目を見張るほどの技術と体力で、「7年後のオリンピック選手もこの中に?」と思わせる内容でした。また今大会には、サポートスタッフが付き添う全盲の方や、パラリンピックを目指してトレーニングを積んでおられる方も参加して、大会にいっそうの活気を与えてくれました。

将来有望なジュニアの選手たち将来有望なジュニアの選手たち
パラトライアスロンの選手も参加パラトライアスロンの選手も参加
得意のランで巻き返す浦田歩さん得意のランで巻き返す浦田歩さん

 他の選手たち迷惑をかけないように…と思いながらも、いざ勝負となると火が付くのが「ちゃりん娘」。第1走者の浦田歩リーダーは、快調にスイムからバイクへ。ところが、ここでシューズが飛ばされているというアクシデント! 5分強のタイムロス…しかし、これもトライアスロンです。

 このタイムロスを取り返すべくバイクを飛ばします! そして、得意のランから第2走者の松本奈々へたすきをつなぎました。

バイクで順位を上げる松本奈々さんバイクで順位を上げる松本奈々さん

 松本も順調にスイムをこなすものの、やはり先輩トライアスリートからは一歩遅れてしまいます。しかし、得意のバイクで飛ばして順位を上げていき、最後のラン。スタミナ配分がうまくいかず少々バテぎみになりながらも、気力で走り切って第3走者の進藤華奈恵にバトンタッチ。

 進藤はスイムを安定したフォームで泳ぎ切ってバイクへ。終盤の上り坂でも、前を行くトライアスリートを抜き去り、ランを迎えました。最後はサポーターの皆さんの声援を受けながら3人揃って感動のゴール!

走り切った進藤華奈恵さんと、3人そろってゴール走り切った進藤華奈恵さんと、3人そろってゴール
(左から)浦田歩さん、松本奈々さん、進藤華奈恵さん(左から)浦田歩さん、松本奈々さん、進藤華奈恵さん

 ちゃりん娘チームの結果は、総合では参加55チーム中32位。女子駅伝チームの部では、並みいる強豪を押しのけ、なんと優勝! ラブトライアスロンの初代チャンピオンジャージを獲得しました。

レースを終え、サポーターと記念撮影するちゃりん娘レースを終え、サポーターと記念撮影するちゃりん娘

 初心者も参加しやすいトライアル向けのイベントでしたが、やりきった達成感はとても大きなものでした。次回はもっとトレーニングを重ね、ディフェンディングチャンピオンとしてチャンピオンジャージを守りたいと思います。

 参加された約300名の皆さん、暑いなかお疲れさまでした! そして、参加の機会を与えていただいた西内さんはじめ、スタッフの方々もありがとうございました! このイベントが全国で行われ、サイクリストやランナーのトライアスロンへの道筋が広がることを期待します。


この記事のタグ

ちゃりん娘 トライアスロン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載