チャリガールMOCOのガールズトーク<19>レジェンドの称号を手に入れるため、300kmを走破せよ! 「四万十ドラゴンライド」レポート<前編>

  • 一覧

 11月3、4日に高知県四万十市を中心に開催された「四万十ドラゴンライド」に参加してきました。4つのコースにエントリーできる、この四万十ドラゴンライド。ロングライドイベントでは日本最長となる300kmを走破する「レジェンドドラゴン」コースが大きな話題となっていました。四万十川に沿って源流を目指し、折り返し地点からまた川下へと走る往復ルート。悠然と流れる大河の流れに沿って、私たちライダーは魚の群れのように走り回るのです。

高知県でしか飲めない!?リープルと馬力汁高知県でしか飲めない!?リープルと馬力汁

 300kmというと、東京から愛知に行けるくらい、と表現したら想像しやすいでしょうか? 日本地図上でもかなりの距離だということがお分かりいただけると思います。これを1日で、いや、16時間という制限時間の中で完走を目指す、超ロングライドイベントです。その名の通り、ドラゴンのような凄まじさを感じました。

深夜3時。スタート前にバイクの最終チェック深夜3時。スタート前にバイクの最終チェック

 「300kmを完走するように」とCyclist編集部からの特命を受け、このロングライドイベントに私も参加して参りました。何しろ破天荒な走行距離ですから、イベント開催時間も破天荒! なんと、早朝3時の受け付け、4時にスタートという、夜も明けないうちの漆黒ライドで始まりました。

 参加した健脚自慢は約150人。まだ周囲がひっそりと寝静まっているなか、周辺の住民の皆さんに配慮して、スタートの号砲はピストルでなく、サポートカーの「プップー」という控え目なクラクション。その合図を受け、慎重にライダーたちは走りだしました。私も起き抜けの寝ぼけ眼をこすり、皆さんと一緒にいざ出発っ!

レジェンドドラゴンコースのライダーズミーティングレジェンドドラゴンコースのライダーズミーティング
漆黒の闇のなか、いよいよ300kmの長い旅が始まる漆黒の闇のなか、いよいよ300kmの長い旅が始まる

 辺り一面は真っ暗で、月明かりさえ雲に隠れて熟睡している模様…。これだけの大人数で、夜道を走るのは初めての事。それに初めて走る道なので、方向感覚も分かりません。

 ただ、ライダーのライトが集中したエリアはまぶしいくらいに明るく、安心感を覚えるほどでした。また、そうした周りの状況がつかいみにくい状況だと、普段以上に五感が鋭くなるようです。鼻をかすめる潮の匂い、ざわざわと葉を擦る松林の音で、見えていなくても、海沿いを走っていることが理解できました。この緊張感高まる漆黒ライドに、私の眠気は完全に吹っ飛んでいました。

 45.5km地点、最初のエイドステーションに到着したのは朝の5時半過ぎ。周囲はまだ静まり返った暗がりの中、白いテントの下で地元のお母さんたちが大きな鍋をかき回しながら迎えてくれました。

早朝5時半。最初のエイドステーションはお手製のツガニ汁早朝5時半。最初のエイドステーションはお手製のツガニ汁
先は長いからしっかり食べておきましょう!先は長いからしっかり食べておきましょう!

 ひと時のくつろぎタイム。先日収穫を終えたばかりの新米を使ったおにぎりを振る舞ってくれました。初めて食べたツガニ汁も、出汁が効いていて美味しかった~!

 ぼんやりと明るくなってきたのは、午前6時を過ぎた頃、

「わ~ぉ! 山水画みたいな雰囲気だね!」

霧が立ち込める幻想的な山々と雄大な四万十川が、いよいよ私たちの前に姿を現し始めました。

沿道ではお母さんたちが手を振って応援してくれた沿道ではお母さんたちが手を振って応援してくれた
収穫したばかりの新米おにぎりは最高!収穫したばかりの新米おにぎりは最高!

 川を上流に向かって走っているけれど、特に上っているような感覚は無く、それほどゆったり四万十川が流れているのだと実感しました。平坦で走りやすい道が続き、参加者の皆さんは制限時間を気にしてか、かなりのハイスピードで走り続けていました。きっと、300kmという想像を超える超ロングライドに、元気なうちに時間の“貯金”をしておきたいという気持ちがあったのでしょうね。

折り返し地点のエイドステーション。ここまでで160km走破折り返し地点のエイドステーション。ここまでで160km走破
この日のために集まった有志によるサポートライダーこの日のために集まった有志によるサポートライダー

 折り返し地点となる最上流のエイドステーションには、制限時間の1時間前に到着しました。ようやく160km走破という事です。ここまで来ればほっと一息。残りはたったの140km! あとは川下に向かって走るだけ…(笑)。

MOCOチャリガールMOCO
本名:笹本智子。レーサーとして竹芝サイクルレーシングチームに在籍。実業団から市民レースまで様々なレースに参戦している。チャリガールイベントを企画・開催し、自転車を取り巻くすべての人達の「楽しい」「嬉しい」「面白い」を作っている。1980年生まれ。静岡県出身。公式ブログ:http://moco-sasamoto.jugem.jp

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MOCO チャリガールMOCOのガールズトーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載