【名護市のフリーペーパー「新聞やんばるプレス」より】国内屈指のロードレース「ツール・ド・おきなわ」のもう一つの顔 市民と歩む“地元祭り”に

  • 一覧

 名護市を中心に発行される新創刊の「新聞やんばるプレス」、10月30日発行の創刊準備号では「ツール・ド・おきなわ」の話題が取り上げられた。競技内容や見どころを解説しながら、地元の視点も加えて伝えている。やんばるプレスは、沖縄生まれで24歳の我那覇真子さんが編集長を務め、沖縄のニュースから著名人インタビュー、名護のタウン情報などバラエティーに富んだ内容のフリーペーパーだ。

◇           ◇

2012年のレースの様子から。海から森へ、そして山岳へと変化に富んだコースがツール・ド・おきなわの特色のひとつ2012年のレースの様子から。海から森へ、そして山岳へと変化に富んだコースがツール・ド・おきなわの特色のひとつ

 ヨーロッパではサッカーと並ぶ人気を誇る大衆スポーツである自転車ロードレース。今年で100回目を迎えたフランスを一周する「ツール・ド・フランス」が世界的な注目を集めたこともあって、日本でもファンの注目度が急上昇しているのをご存じだろうか。

 例えば、10月19日に栃木県宇都宮市街の中心部で行われた日本最高峰のレース「ジャパンカップ・クリテリウム」には3万8000人もの観客が詰めかけて大変な盛り上がりを見せたし、同じく26日にはツール・ド・フランス人気に当て込んださいたま市が、欧州のトップレベルの選手を集めて、さいたま新都心中心部を交通封鎖して「SAITAMA Criterium by LeTour de France」を開催するなど、“プチブーム”の様相を呈しているのだ。

 そんな中、すでに25回もの長い歴史を誇る、ワンデイレース(一日で勝負を決するレース)として国内最長の距離を誇る全長210kmの過酷な自転車ロードレース「ツール・ド・おきなわ」への注目度が、自転車ファンを中心に、にわかに高まってきているのだ。

 元F1ドライバーで、引退後は自転車選手としての活動を行ってきた片山右京が監督を務める「チームUKYO」所属選手などの日本のトップ選手に加え、ヨーロッパやオーストラリア、アジア各国の実力者100名が参加するこのレースは、名護市内をスタートすると、海岸沿いをなぞりながら、時には森林地帯を、時には山岳地域へと入り込む、変化に富んだ激しいコースが設定されている。

「ツール・ド・おきなわ」のコース図。名護市内をスタート/ゴールに、沖縄本島北部をぐるりと回る「ツール・ド・おきなわ」のコース図。名護市内をスタート/ゴールに、沖縄本島北部をぐるりと回る

 自転車レースというと「競輪」のようなトラックレースを思い浮かべる人が多いだろうが、それを「100メートル走」のような短距離種目に例えるならば、ロードレースは「マラソン」になぞらえることができるまったく別のスポーツだ。勝利の条件となるのは強靱な「スタミナ」、レースの流れを読み切るための「駆け引き能力」、そしてゴール直前の混戦を制する「スプリント力」。テレビでツール・ド・フランスのようなロードレースを観戦したことのある人ならご存じの通り、数時間かけて数百kmを駆け抜けてきた選手たちが、最後の力を振り絞って闘うラストスプリントは、凄まじい迫力となる。

 大会実行委員会が挙げる名護市近辺の見所はというと、「レース終盤のポイントである道の駅『わんさか大浦』パーク付近の激しい登り坂と、名護市21世紀の森体育館に設定されたゴール目前のスプリント勝負」とのこと。一流レーサーたちの意地と意地とがぶつかり合う、激しい闘いが見られるに違いない。

 ただし、ツール・ド・おきなわが、これほどまでに長い歴史を積み重ねてきた理由は、そこだけにあるわけではない。アマチュアレーサーたちの間で“国内最高峰”とまで言われる市民レースが同時開催される点にあるのだ。プロと同じ210kmを走り抜くコースをはじめ、140、100、50kmと各段階のコースが設定され、女子やジュニア世代の本格的なレース、さらには小学生が争うレースや、地元の小学生が参加する一輪車や三輪車のレースイベントなども行われ、参加総数は実に3,000名に登るほど。市民レーサーにとっては観戦するというよりは、むしろ「目標」と位置付けられるレース。前述の片山右京監督も、一人のアマチュア選手として参加することをを楽しみにしているというほどの大会なのだ。

 国内最長のロードレースは、その一方で、市民と共に歩む“地元の祭り”に成長しつつあるというわけだ。日本全国で「地域の町興し」が課題となるなか、自転車レースを長く大切に育てている沖縄。レースの行く末のみならず、その成長の過程もまた、注目に値するはずだ。

(名護市のフリーペーパー「新聞やんばるプレス」より)


関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・おきなわ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載