CYCLE MODE 2013コードネームは「ゼブラジャパン」 日本代表の新ユニフォーム発表

  • 一覧

 千葉の幕張メッセで開催中のサイクルモードで、自転車競技日本代表チームの新ユニフォームが発表された。ゼブラをモチーフにしたハイテクなストライプ柄で心機一転、2016年のリオ五輪でのメダル獲得を目指す。

サイクルモードのメインステージでお披露目された自転車競技日本代表の新ユニフォームサイクルモードのメインステージでお披露目された自転車競技日本代表の新ユニフォーム
先日のレースで引退した福島晋一選手は、新ユニフォームに袖を通すのはこの日が最初で最後。「これ、もらって帰ってもいいですか?」と冗談も先日のレースで引退した福島晋一選手は、新ユニフォームに袖を通すのはこの日が最初で最後。「これ、もらって帰ってもいいですか?」と冗談も
伊丹健治選手(ブリヂストンアンカー)。新ユニフォームについて「デザインがいいので、やってやろう!という気持ちにさせてくれる」とコメント伊丹健治選手(ブリヂストンアンカー)。新ユニフォームについて「デザインがいいので、やってやろう!という気持ちにさせてくれる」とコメント
(左から)小林優香選手、石井貴子選手。現在、競輪学校で学ぶ2人は、今年の国体で女子チームスプリントの日本記録を更新した(左から)小林優香選手、石井貴子選手。現在、競輪学校で学ぶ2人は、今年の国体で女子チームスプリントの日本記録を更新した

 「ゼブラジャパン」と呼ばれる新ユニフォームは、アフリカの大地を疾走するシマウマのゼブラ柄に着想。黒い部分と白い部分の寒暖差を利用して表面に気流を発生させ、自然の空調機能で温度を下げるというゼブラストライプを、バイオミミクリー(生物模倣)の観点からデザインに昇華させた。

新ユニフォームのバックスタイル新ユニフォームのバックスタイル
前面は白でシンプルだが、横~後ろはゼブラストライプが目立つデザインだ前面は白でシンプルだが、横~後ろはゼブラストライプが目立つデザインだ

 正面からはシンプルなデザインだが、肩口から背面にかけてはゼブラストライプが全面に広がり、チームでフォーメーションをとった際の一体感を強調する。機能面から来る美しさである「知性」と、大地を駆けるシマウマの力強さである「野性」の2面を兼ね備えた新しいデザインが、この「ハイテク・ゼブラ」だ。

 製作は長年日本代表ウエアを手がけるパールイズミ。素材面では従来モデルから大きな変更はないが、カットラインは最新のものになっているという。また、世界の舞台で戦う日本代表チームからのフィードバックを得ることで、細かな改良をその都度反映させた、最先端のレーシングウエアになっているという。

日本自転車競技連盟強化コーチの飯島誠さん(右)と、司会の白戸太朗さん日本自転車競技連盟強化コーチの飯島誠さん(右)と、司会の白戸太朗さん
飯島コーチから福島選手へ花束贈呈。現役時代はライバルとしてしのぎを削った2人だ飯島コーチから福島選手へ花束贈呈。現役時代はライバルとしてしのぎを削った2人だ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載