100円から利用可能 11月一杯は「無料お試し」Suicaを活用したサイクルシェアシステム「スイクル」 武蔵境・東小金井駅周辺で11月3日スタート

  • 一覧
スイクルのロゴ。Suicaのロゴに車輪を合わせたデザインスイクルのロゴ。Suicaのロゴに車輪を合わせたデザイン

 ジェイアール東日本企画は、Suica(スイカ)を活用したサイクルシェアシステム「Suicle」(スイクル)を、11月3日よりJR中央線の武蔵境駅・東小金井駅周辺で開始する。100円から利用可能で、11月30日までは「無料お試しキャンペーン」を実施する。

 スイクルは、利用者のSuica・モバイル Suica・PASMOを会員証として使用する都市型レンタサイクル。Suica自体で会員証機能と決済機能を兼ねるため、クレジットカード等が必要な同種のシステムに比べ、気軽な利用が可能だという。

 武蔵境駅・東小金井駅に隣接する高架下と、東京農工大学科学博物館前の、計3カ所に自転車を貸し借りできる「ポート」を設置。借りた場所と別のポートで返却することも可能だ。自転車は20インチの専用車が、合計200台用意される。

スイクルで使用されるのは20インチのバイク。色も「Suica色」のグリーンだスイクルで使用されるのは20インチのバイク。色も「Suica色」のグリーンだ

 利用者はスイクルのウェブサイト(http://suicle.jp)もしくは東小金井ポート窓口で会員登録(無料)を行ない、ポートの精算機と貸出機にSuicaをタッチすることで、自転車を利用できる。返却時はポートの貸出機に自転車を戻し、必要であれば精算機で追加料金を支払う形だ。料金支払いにはもちろんSuicaを利用する。

 会員の利用プランは3種類。「ビジター利用」は1日500円(当日限り)で、気軽に使いたい人向け。「一時利用」は使った分だけ課金されるプランで、最初の30分が100円で、以降1時間ごとに100円が加算される。ほぼ乗り放題となる「定期利用」は1カ月2500円で、1回あたり最大120時間借りることができる。なお11月一杯は「無料お試しキャンペーン」となり、会員登録を行なえば無料で利用することが可能だ。

 JR中央線では三鷹駅~立川駅間の高架化工事が2010年に完成。現在、駅から高架下に魅力的な回遊空間を作ることで、これまで線路で南北に分断されてきた街を活性化する「中央ラインモールプロジェクト」が、JR東日本の主導で進められている。今回のスイクル導入もその一環として行なわれたものだ。

 現時点でICOCAなど他地域の交通系ICカードは使用できない。ポートの増設やエリア拡大なども未定で、今後の展開については利用状況を見ながら検討していくという。


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載