世界自然遺産を走ろう!壮大な山々と美しい海、太古の息吹きを感じてエコライド 「2014サイクリング屋久島」2月16日開催

  • 一覧
海を背景に記念撮影する「ポタガール埼玉」の岩崎雅美さん(2013年大会より)海を背景に記念撮影する「ポタガール埼玉」の岩崎雅美さん(2013年大会より)

 世界自然遺産に登録されている屋久島を舞台に、「2014サイクリング屋久島」が2014年2月16日に開催される。屋久島を一周する100kmのコースを走るエコライドで、半周50kmのショートコースも設けられている。壮大な山々や美しい海といった風景、太古の息吹を感じられる森、地元の食材たっぷりのエイドなど、屋久島の魅力を心ゆくまで満喫できるイベントだ。

 「サイクリング屋久島」は、順位やタイムを競うものではなく、自分のペースで走りながら屋久島を楽しむイベント。見どころはなんといっても、世界自然遺産にも登録されている美しい景観だ。海を眺めながら走っている最中でも、反対側に目を向ければ1000mから1900m級の壮大な山々が広がっている。

スタートする参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンタースタートする参加者 =鹿児島県屋久島の屋久島すこやかふれあいセンター
壮大な山々が広がります(2013年大会より)壮大な山々が広がります(2013年大会より)

 また、縄文杉など自然があふれる世界自然遺産登録地区にはヤクシカやヤクザルが多く生息し、突然出会うことも多い。

 ボランティアが協力するエイドステーションでは、地元の食べ物がたっぷりと用意される。前夜祭でも、地元の特産品や郷土料理などで参加者へのおもてなしはばっちり。

走行中にヤクシカと遭遇することも(2013年大会より)走行中にヤクシカと遭遇することも(2013年大会より)
地元の食材がたっぷりなエイドステーション(2012年大会より)地元の食材がたっぷりなエイドステーション(2012年大会より)

 レースではないものの、アップダウンが多いため獲得標高は1300mを超え、走りごたえも充分。本格派レーサーから初心者まで、そして老若男女を問わず、それぞれの楽しみ方を見つけられるはずだ。

 参加ゲストや大会オフィシャルツアーの内容も、随時発表される予定になっている。

■大会概要
タイトル:2014サイクリング屋久島  <太古の森を感じて世界自然遺産の島でエコライド>
開催日:2014年2月16日(日)※雨天決行
会場:屋久島一周の部(スタート/フィニッシュ:尾之間:屋久島町総合福祉センター こまどり館)
ショートコースの部(スタート:永田 → フィニッシュ:尾之間屋久島町総合福祉センターこまどり館)
実施内容:屋久島を自転車で一周するサイクリングイベント ※本イベントはタイムを競うレースではありません。
参加資格:小学校5年生以上の健康な男女で大会規則を順守し、本コースを制限時間内で完走できる走力を有する者
参加費:島一周(100km)の部…大人9,500円、小学生4,000円
ショートコース(50km)の部…大人6,500円、小学生3,000円
※高校生以下は保護者の同意、小学生は保護者同伴申し込みが必要です。
大人は中学生以上の参加資格となります。
主催:公益社団法人屋久島観光協会、屋久島町、サンケイスポーツ
共催:屋久島町商工会、屋久島町商工会青年部、屋久島町商工会女性部、屋久島町区長連絡協議会、屋久島町地域女性団体連絡協議会
協力:屋久島町食生活改善推進委員連絡協議会、屋久島生活研究グループ、屋久島地区交通安全協会、永田婦人会、栗生・女性の会
特別協賛 屋久島電工株式会社
後援:日本サイクリング協会、鹿児島県サイクリング協会、産経新聞、SANKEI EXPRESS、夕刊フジ、フジサンケイ ビジネスアイ、フジテレビ、ニッポン放送、まつばんだ交通グループ、屋久島道の駅観光、種子屋久交通観光 ほか
企画協力:株式会社ジェイプランニング
申込締切:2014年1月19日(日)予定
申込方法:スポーツ エントリーから


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント サイクリング屋久島

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載