前の写真へ 拡大する

「ゼロ・トレランス」でバイオロジカルパスポートを独自導入NIPPOが若手育成を掲げる新チームを2014年設立 黒枝士揮が加入 イタリアを拠点に活動

2013/10/10 16:00更新

今年1月、ツール7連覇時代のドーピングを告白したランス・アームストロングだが、一度引退した後2009~2010年にカムバックした際は、バイオロジカルパスポートにより発覚のリスクが高くなったことで、ドーピングを行なわなかったと語っている(「OWN Oprah Winfrey Network」より)
  • 一覧