「ゼロ・トレランス」でバイオロジカルパスポートを独自導入NIPPOが若手育成を掲げる新チームを2014年設立 黒枝士揮が加入 イタリアを拠点に活動

  • 一覧
新チームの母体の一つとなるチームNIPPO・デローザは2013年シーズン、「ツアー・オブ・ジャパン」で個人総合優勝、また「ツール・ド・熊野」個人総合優勝、マレーシアの超級レース「ツール・ド・ランカウイ」個人総合優勝などの結果を残している新チームの母体の一つとなるチームNIPPO・デローザは2013年シーズン、「ツアー・オブ・ジャパン」で個人総合優勝、また「ツール・ド・熊野」個人総合優勝、マレーシアの超級レース「ツール・ド・ランカウイ」個人総合優勝などの結果を残している

 来年2014シーズンに、日本登録の新生コンチネンタルチームが誕生する。「ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ」は、日本のコンチネンタルチーム「チームNIPPO・デローザ」と、イタリアのアンダー23チーム「ヴィーニファンティーニ・ダンジェロアンティヌッチ」が合併して生まれる新チームだ。国際的な若手選手の育成をチーム理念とし、日本からは黒枝士揮選手(鹿屋体育大学)が加入するほか、約半数の選手が日本人選手となる予定だという。

 新チームには合併する両チームが長年取り組んできた、才能ある若手選手育成のノウハウを注入。世界中から集まったフレッシュな精鋭たちがイタリア、アブルッツォ州を拠点に活動を行なう。チームを指揮するステファノ・ジュリアーニ氏は、長年プロチームで活躍し、監督としても豊富な経験をもつ名将。ゼネラルマネージャーを、長年チームNIPPOを率いてきた大門宏氏が務める。

ドーピングに「不寛容」 バイオロジカルパスポートを導入

 特徴的なのは、ディビジョン3のコンチネンタルチームでありながら、ドーピング問題に対して「ゼロ・トレランス(不寛容)」という強い姿勢を打ち出したことだ。イギリスのスカイ プロサイクリングが掲げていることで知られるこの理念は、過去・現在においてドーピングスキャンダルに一切関わったことのない、クリーンな人材のみでチームを構成するというものだ。

 これを実現するため新チームは、イタリアの国立ペスカーラ大学の研究ラボと提携。現在コンチネンタルチームには加入義務のない、国際自転車競技連合(UCI)の「バイオロジカルパスポート(血液データ監視システム)」を、UCIから承認されるレベルで独自に導入する。

今年1月、ツール7連覇時代のドーピングを告白したランス・アームストロングだが、一度引退した後2009~2010年にカムバックした際は、バイオロジカルパスポートにより発覚のリスクが高くなったことで、ドーピングを行なわなかったと語っている(「OWN Oprah Winfrey Network」より)今年1月、ツール7連覇時代のドーピングを告白したランス・アームストロングだが、一度引退した後2009~2010年にカムバックした際は、バイオロジカルパスポートにより発覚のリスクが高くなったことで、ドーピングを行なわなかったと語っている(「OWN Oprah Winfrey Network」より)

 バイオロジカルパスポートは2008年からプロチーム、プロコンチネンタルチームの全選手に義務化されており、近年ドーピング違反の摘発や、違反者数の減少に効果を上げているという。一方でコンチネンタルチームに加入義務がないことで、好成績を残す一部のチームに対して、ドーピング関与の疑いが高まっていた。新チームのバイオロジカルパスポート独自導入は、こうした疑惑を払拭する意図があるという。

 チームのメーンスポンサーは、長年サイクリングチームをサポートし続けるイタリアの大手ワインメーカー、ファルネーゼヴィーニが務めるが、2013年に同社がスポンサーしたプロコンチネンタルチーム「ヴィーニファンティーニ・セッレイタリア」から、相次いで2人のドーピング違反者が出ており、このことも新チームがドーピング問題に対して強い姿勢を打ち出す動機になっていると考えられる。

 スポンサーには日本の株式会社NIPPO、そしてイタリアの名門自転車ブランドであるデローザが名を連ね、チームを力強くバックアップする。

黒枝士揮選手が加入 「集団のゴール勝負に自信ある」

 チーム加入がまず発表されたのは、現在鹿屋体育大学4年生の黒枝士揮選手だ。黒枝選手はジュニア時代からインターハイや国体で優勝するなど、同年代の日本人のトップ選手として活躍。大学3年生時の2012年には持ち前のスプリント力を生かし、大学生としては快挙といえる「ツール・ド・北海道(UCI2.2)」でのステージ優勝を飾った。

黒枝士揮選手は大学生ながら、ツール・ド・北海道のリーダージャージに袖を通した経験も黒枝士揮選手は大学生ながら、ツール・ド・北海道のリーダージャージに袖を通した経験も
2012年の「ツール・ド・北海道」第1ステージで優勝した黒枝士揮選手2012年の「ツール・ド・北海道」第1ステージで優勝した黒枝士揮選手

 黒枝選手はチーム加入にあたって、「目標はヨーロッパでプロになり、ツール・ド・フランスに出場すること。 まずはヨーロッパでのレースの経験を積んで2年以内に結果を出せるようにする。 自分はスプリントが得意なので集団のゴール勝負になれば自信がある。それを生かせるように上りを克服したい」と語っている。

 現時点で黒枝選手のほか、イタリア人、スウェーデン人の3人の加入が決定しており、残りの選手に関しても追って発表されていくという。

 

    【追記】「バイオロジカルパスポート」について一部、正確さを欠く表現があったので、修正しました(Cyclist編集部)

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載