スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

教えてヨーコ部長! ~女子のお悩み相談室~<4>女性サイクリストが目指すべきスピードはどのくらい?

  • 一覧

 数あるスポーツの中でもとくに男女差が大きいと言われるサイクルスポーツ。悩みや疑問が出てきても、身近に相談できる人がいなかったり、男性では聞きにくかったり…。そんな女性サイクリストのみなさんからの相談を、Facebookの大グループ『自転車女子部』を主宰している“ヨーコ部長”こと青木陽子さんがどーんと引き受けてくれます。質問もどしどしお送りください!今回の相談は、「女性サイクリストが目指すべきスピード」について─。

女性サイクリストが目指すべきスピードとは? Photo: Yoko AOKI

◇         ◇

 

はじめまして。
一般的な女性サイクリストが目指すスピードはどのくらいなのか教えてください。

よく、ライドのイベントを見ても「時速25kmくらいで走ることができる」のような文言がありますが、私には時速25kmを維持することは結構ハードルが高いのです。つい、イベント参加に二の足を踏んでしまいます。

25kmというのは、普通の女性サイクリストが普通に出せるスピードなんでしょうか。出すためにどんな練習をしたら良いでしょうか。どのくらいのスピードが普通なのか、普段男性が多いところで走っているとよく分からなくなります。本当に女性サイクリストって集まりにくいですよね。

今後、女性同士で集まったとして、どのくらいのスピードを目安に行動を共にすればいいのかもよく分からないので、目安も教えていただけるとうれしいです。

ハンドルネーム:wild_cat(50代)

 こんにちは、ヨーコ部長です。このお悩みも切実ですね、よくわかります。ご質問は大きく(1)女性のグループライドで適切なスピードとは?と、(2)スピードを含め、快適なグループライドのためにどんな練習をするべきか?の2点に分かれると思います。

まず質問(1)ですが、言うまでもなく、誰もがこの巡航スピードで走れるようになるべき!走れて普通!という速度はありません。その人ごとの体力や経験、技術、サイクリングに求めるものに合ったペースがベストなスピードです。

「時速25km」は経験的にも中級以上の目安として使われやすい Photo: Yoko AOKI

 わたし自身がライドを呼びかける時には、そのときのライドの目的や、参加してくれそうな人が見えているときはその顔ぶれ、プラス自分の走りたい気分を加味したりして22〜23kmにしたり、25kmにしたり、27〜28kmにしたりと、いろいろです。

 とはいえたしかに、ロードバイクで巡航時速25kmくらい…という呼びかけを比較的よく見かけるのは事実ですね。これは、女性サイクリストとひとくちに言っても走力にかなり幅のある中で、ある程度の人数が見込めて比較的まとまりやすい目安になっている(ライドを開催しやすい)からだろうと思います。

 時速25km目安と呼びかけて参加してくれる人は経験的にも中級以上の方に絞られるので、パンク修理などもひとりでできる人たちだろう、迷子などのトラブルが少なそう、主催者としては安心だという期待もあると推測します。たとえばわたしなら、時速20〜23kmとして呼びかけるライドは、初級に近い方も辛くない内容を考え、休憩回数も増やし、距離も短めに計画すると思います。

 ただこれらは、一般的に広く呼びかける(面識のない人たちが集まって走る)ライドの場合です。気の合う仲間でのお楽しみライドなら、お互いの走力を把握できていることが多いし、トラブルで待たされることがあっても気まずくなることもあまりないので、いろいろな走力の人が混ざることも多いのではないでしょうか。巡航時のスピードが~という話にはあまりならないと思います。一方、トレーニングを目的としたライドなら、自分はこのくらいの強度のライドをしたいから、この人たちに声をかけようというライドの作り方になります。

グループライドはペースをあげる練習に効果的

 ではご質問の(2)へ。これはwild_catさんがいまどのくらいで走っていらっしゃるかにもよりますが、やはりまずは距離を乗ることです。たくさん走っているうちに、ペースは自然と上がってくるものです。

 そしてできれば自己流だけでなく、経験のある人に前を走ってもらって後ろにぴったりついていく練習をしたり(これを「引く」「引いてもらう」と言ったりします)、参考書やYouTubeなどを見てペダリングがきれいになるように気をつけてみるなど、積極的に情報を集めて実践してみるのも役に立ちます。

自己流だけでなく、経験のある人に前を走ってもらって後ろにぴったりついていくのもペースをあげる練習に

 wild_catさんは男性なら自転車のお仲間がいらっしゃるようですが、一緒に走って教えてもらえる自転車の先輩が見つからない方は、こういったポイントを集中的に教えてもらえる初中級向け自転車教室に参加してみるのもお勧めです。そこで生徒同士で知り合った人と友だちになって、後日一緒にサイクリングロードなどで練習してみてはどうでしょうか。

 または、wild_catさんが自転車を購入されたショップやお近くのショップに、手頃なライドを開催しているところもあるかもしれません。グループライドでは、後続の人のために手信号を出したり声をかけたりという安全のためのスキルも必要ですので、それらも学んでおきましょう。

 スピードを保てるかということより、まずはたくさん走り、友だちがいれば教えを請い、人に会う機会を積極的に作り、こまめに走っている間に、「あ、いつの間にか巡航ペースで時速25kmくらい平気になっていた!」となると思います。

 「将来的に女性の仲間と走るときのスピードは?」というご質問もありましたが、そのときは集まった中でいちばんゆっくりな人に合わせて走りましょう。その頃には、自分が走りたいスピードを目安に掲げてライドを企画してもいいですね! 

◇         ◇

※ヨーコ部長にあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか? ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまで、タイトルを「教えてヨーコ部長!」としてお寄せください。

青木陽子回答者 青木陽子(あおき・ようこ)

当サイトで『“自転車革命都市”ロンドン便り』も連載中のフリー編集者・ジャーナリスト。雑誌編集者を経て独立起業、日本の女性サイトの草分けである「cafeglobe.com」を創設し、編集長をつとめた。スポーツ自転車歴は17年目、11台の自転車を所有。Facebookで1000人近い女性メンバーが集う「自転車女子部」を主宰するほか、サイクルアパレル「Rapha」のアンバサダーでもある。ブログ「yokoaoki.com」を更新中

関連記事

この記事のタグ

Cyclist for Woman Q&A(女性向け) 教えてヨーコ部長! ~女子のお悩み相談室~

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載