スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ツール“V3”のグレッグ・レモンさんも参加800人が被災地を疾走 岩手県沿岸部で 「ツール・ド・三陸」開催

  • 一覧

 東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市や大船渡市を自転車で巡るイベント「ツール・ド・三陸」が6日、開かれ、全国から集まった自転車愛好家ら800人が沿岸部を駆け抜けた。

 イベントは陸前高田市の商工会などでつくる実行委員会が主催。被災地の現状を見てもらい、復興支援につなげるのが目的で、昨年に続いて2回目。

木材がれきが積み上げられた市内中心部を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)木材がれきが積み上げられた市内中心部を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)
開会式を見守る参加者たち。被災地へのメッセージを書いた日の丸を背中につけたライダーも見られた =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)開会式を見守る参加者たち。被災地へのメッセージを書いた日の丸を背中につけたライダーも見られた =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)
ツール・ド・フランス3度優勝のグレッグ・レモンさんも特別参加し、多くのライダーと共に被災地を走った =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)ツール・ド・フランス3度優勝のグレッグ・レモンさんも特別参加し、多くのライダーと共に被災地を走った =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)

 同市立第一中学校の仮設グラウンドをスタート・ゴール地点に、大船渡市の景勝地・碁石海岸を経由する約49キロのコースや、約17kmのファミリーコースなど3つのコースを設定。ツール・ド・フランスで個人総合優勝の経験者、グレッグ・レモンさん(52)も特別名誉ライダーとして参加し、「未来に向かって進む被災地の人々に共感します。毎年来たい」と話した。

市役所庁舎など津波で被災した建物の撤去を終えた市内中心部を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)市役所庁舎など津波で被災した建物の撤去を終えた市内中心部を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)
ゴール直前を走るライダーを応援する、地元住民や先にゴールした参加者たち =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)ゴール直前を走るライダーを応援する、地元住民や先にゴールした参加者たち =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)
住民が用意した大漁旗の前を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)住民が用意した大漁旗の前を走る参加者 =6日、岩手県陸前高田市(早坂洋祐撮影)

MSN産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載