スマートフォン版はこちら

東京都自転車競技連盟主催東京・大島を舞台に全日本マスターズTTロードレースと三原山ヒルクライムを開催

  • 一覧

 「2017全日本マスターズ選手権個人タイムトライアルロードレース大会」と「2017東京都大島三原山ヒルクライム大会」が11月4・5日の2日間にわたり、東京の伊豆大島で開催された。

海と町を見下ろす大島三原山ヒルクライム ©東京都自転車競技連盟

TTコースはあの「サンセットパームライン」

折り返し地点付近にて ©東京都自転車競技連盟

 11月5日(日)に行われた「全日本マスターズ選手権個人タイムトライアルロードレース大会」(日本自転車競技連盟主催、大島町共催)は、2016年のアジア選手権、全日本選手権ロード大会でもコースとして使われた海沿いの「サンセットパームライン」を舞台に繰り広げられた。

折り返し地点付近にて ©東京都自転車競技連盟
折り返し地点付近にて ©東京都自転車競技連盟

 御神火温泉をスタート・フィニッシュとする1周11.2kmの海沿いのコース。晴天のもと、各年齢カテゴリー合計30人近くの選手たちが疾風のごとく駆け抜けた。前日の11月4日(土)には初開催となる「東京都大島三原山ヒルクライム大会」(東京都自転車競技連盟主催、大島町共催)が行われた。

男子マスターズB 表彰 ©東京都自転車競技連盟
各クラスのチャンピオンと大島町長 ©東京都自転車競技連盟

 また、「全日本学生ロードレースカップシリーズ(RCS)第5戦・大島三原山ヒルクライムラウンド」(日本学生自転車競技連盟主催、東京都自転車競技連盟・大島町共催)も同時開催で、同シリーズのチャンピオンジャージを争う大学生らを合わせ、合計約20人が出走した。

九十九折れを繰り返し、どんどん標高があがっていくコース ©東京都自転車競技連盟
コースレコードは岡部祐太の19分42秒86 ©東京都自転車競技連盟

 伊豆大島火山博物館をスタートし、御神火スカイラインを三原山(標高758m)の山頂付近まで駆け上がった。片道6km、標高差516m、平均斜度8.6%のコースは、港や町を見下ろしながらつづら折れの道を上る。コンパクトながらヒルクライムの醍醐味が凝縮されたレースで、白熱した優勝争いが展開された。

 レースはこれを2本走って良い方のタイムで順位を競う2ヒート制で行われ、今回は岡部裕太(日体大)が19分42秒86で初代コースレコードを勝ち取った。

 東京都自転車競技連盟はこの三原山ヒルクライムを来年も開催する意向で、今後のインフォメーションに注目したい。
 
(写真・文:東京都自転車競技連盟)

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載