スマートフォン版はこちら

プロフォーマット採用で推進力を向上アンカーのミドルレンジ「RS8」「RL8」が刷新 2018年モデルを実走インプレ

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが展開するスポーツバイクブランド「アンカー」から、最上位機種と同形状のミドルグレード「RS8」と、ロングライド用バイク「RL8」が2018年ラインナップにモデルチェンジして登場。フラッグシップ機と同じ技術を用いて各部をブラッシュアップし、さらに進むバイクとして生まれ変わった。発表試乗会で実車を使用して、テストライドを行った。

生まれ変わったアンカーのセカンドグレード「RS8」 Photo: Shusaku MATSUO

「プロフォーマット」を採用

「RS9」と同様にプロフォーマットが採用 Photo: Shusaku MATSUO

 アンカーのロードレース向けハイエンドモデルは「RS9」で、国内のUCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、ブリヂストンアンカー サイクリングチームが使用している。セカンドグレードとなるRS8は、フレームの形状はRS9と同一化され、違いはカーボンのグレードと積層のみとなった。RS9の開発に用いられたプロフォーマット(推進力最大化解析技術)も同じく採用。ライダーが実際に乗車している状態を、コンピュータで細かくシミュレート。実走でより進むフレームに進化した。

左右非対称のチェーンステーで推進力を最適化 Photo: Shusaku MATSUO
ボリュームのあるBB周り Photo: Shusaku MATSUO

 フレームセット(フレーム、フロントフォーク、ヘッド小物、シートクランプ、各種ボルト)の重量は1620g(490mm)となり、前作から70gの軽量となった。

山岳コースで実走テスト

 乗り始めた一踏み目からハリのある剛性感に魅力を感じた。平地や緩い坂でのダンシングでは、それほどライダーがトルクをかけずともバイクが進む。プロフォーマットの恩恵だろう。

ハリのあるレーシーな反応性が特長 Photo: Kenichi YAMAMOTO

 全体的なバランスにも優れている。ストレートフォークが振りの軽さを演出し、切り返しやコーナリングも軽快。尖る部分はないが、高い総合力に仕上がっている。

 ブリヂストンアンカー サイクリングチームに所属する石橋学選手のRS9を借り、比べてみた。パワーをかけた際の反発力に当然差が出るものの、誰でも扱える親しみやすさはむしろRS8に軍配が上がるかもしれない。シマノR8000系アルテグラ搭載の「RS8エリート」で33万5000円(税抜)、シマノ105がメインコンポーネントの「RS8エキップ」で25万5000(税抜)とコストパフォーマンスも良いので、これからレースを始めたいサイクリストは最適の選択だろう

重量を増やし推進力へ

 RL8は高い運動性能としなやかなライドを実現する振動吸収設計が特長のロングライドモデル。ことし登場したRL9をベースに開発された2018年モデルは、以前のフレームと比べ480mmサイズで50gの重量増となり、フレームセットで1540gとなった。これはフレーム剛性を上げるためであり、前三角横剛性で8%、後三角横剛性で11%向上した。

あえて重量を増し、剛性を強化した「RL8」 Photo: Shusaku MATSUO
ベントタイプのフロントフォークを採用 Photo: Shusaku MATSUO
振動吸収性を高める扁平したシートステー Photo: Shusaku MATSUO

 もともと筆者は前作のRL8が好みのバイクだった。踏むと弾けるような剛性ではないが、しっとりとした加速と、奥行きがある推進力が魅力の一台。今回、重量をあえて増やし、剛性が高められたということで興味がわかないはずがない。

コンフォートな乗り味はそのままに、走りに磨きをかけたRL6 Photo: Kenichi YAMAMOTO
ソリッドな印象を与えるマットカラーもラインナップ Photo: Shusaku MATSUO

 上りを中心に試乗したのだが、シッティングでも後三角からの押し出される加速が気持ちがいい。ベントフォークがゆったりとしたリズムでダンシングするのにも適している。全体的な剛性は確かに高くなった。輪郭がハッキリしたように感じる。ロングライドやグランフォンドはもちろんだが、100kmを越えるようなレースを走るときにもコンフォート性能は武器になるだろう。ロングライドモデルとは感じさせない運動性能はさらに磨きをかけていた。

 シマノR8000系アルテグラ組みの「RL8エリート」は33万5000円(税抜)、105組の「RL8エキップ」は25万5000円(税抜)。サイズは390mm~540mmまで30mm刻みの6サイズ展開となっている。

記事で紹介したブランドの取扱店

関連記事

この記事のタグ

アンカー バイクインプレッション ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載