スマートフォン版はこちら

新製品情報2017キャノンデール「SUPER X」の2018年モデルが登場 1×11採用のシクロクロスバイク

  • 一覧

 キャノンデールのシクロクロスバイク「SUPER X」(スーパーエックス)の2018年モデルが発売された。コンポにスラムのAPEX 1を採用。フレームカラーは昨年の暖色系から一新し、さわやかなネイビーをベースとした寒色系で仕上げている。

CANNONDALE SUPERX APEX 1 © CANNONDALE

「1×11」を採用 粘土質の多い日本でも活躍

 SUPER Xは、昨今のシクロクロスの主流となりつつあるフラットマウントディスクブレーキと、「1×11」のコンポーネントを採用。フロントのシングル化により全体の軽量化を果たしており、複数のケーブルタイプに対応できるケーブルガイドと相まって、メンテナンス性も向上している。

 また、フレーム素材にはバリスティックカーボンを、ホイールには前後スルーアクスルを採用。剛性と軽さを高いレベルで両立させることで、スプリントにも担ぎにも対応できる1台に仕上げた。OutFrontステアリングジオメトリーは、テクニカルな下りでの安定感と、シャープなハンドリングをともに実現する。

© CANNONDALE

 フレームのリアセクションには、アシンメトリックインテグレーション(Ai)が生み出すスーパーショートチェーンステーを採用。オフロードでのトラクションやハンドリングを追及し、シクロクロスレースの要ともいわれるスタートや、キャンバーでの反応性を高めている。またSPEED SAVEリアトライアングルとフロントフォークが、ラフな路面をいなして脚力を温存する。

 豊富なサイズのタイヤに対応できる40㎜幅のタイヤクリアランスは、マッドコンティションに強く、粘土質の多い日本のレースで威力を発揮。世界トップクラスのシクロクロスレースに参戦中のアメリカ・シクロクロスチャンピオン、ステファン・ハイドも同型のSUPER Xを使用していることから、ハイレベルなシーンにも対応するレーシングバイクであることがうかがえる。

■SUPER X APEX 1/SLA
税抜価格:350,000円
サイズ:46、51、54、56、58
カラー: SLA
フレーム:SuperXバリスティックカーボン
フォーク:SuperXバリスティックカーボン
コンポーネント:スラム・アペックス
リム:CX2.0
BB:FSA BB30
ヘッドセット:1.5″-1-1/8″
サドル:ファブリック・スクープシャロ―エリート
タイヤ:シュワルベ・X-ONE 33C

関連記事

この記事のタグ

30~50万円 キャノンデール シクロクロスバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載