スマートフォン版はこちら

サイクリスト

国内選手移籍・退団情報那須ブラーゼンが退団選手を発表 吉岡直哉、新城銀二が新天地へ

  • 一覧

 栃木県那須町を拠点に活動するJプロツアーチーム「那須ブラーゼン」が10月10日、今季限りで退団する選手を発表した。チームを去るのは吉岡直哉(25)と新城銀二(20)の2人。

吉岡直哉(左)、新城銀二が2017年シーズン限りで那須ブラーゼンを退団する(提供写真)

 吉岡はことしJプロツアーの第2戦、宇都宮ロードレースでチーム待望のツアー初勝利を地元の栃木県で挙げ、以後も大黒柱として活躍。逃げにも積極的に乗り、オールラウンドな走りでチームに貢献した。

 同じく、チームの地元で開催されたJプロツアー・那須クリテリウムでは、逃げに乗る働きを見せた新城がスプリント賞を獲得。積極的な動きで観客を沸かせた。

宇都宮ロードレースでチーム待望の初勝利を挙げた吉岡直哉 Photo: Shusaku MATSUO

吉岡直哉:まずはじめに、3年間、皆様本当にお世話になりました。新たな場所で走る為、ステップアップとして、ブラーゼンを出る決意を致しました。ブラーゼンを出るのは寂しさもありますが、新天地で走る事に対しての期待感も高いです。レース等、違うジャージを着ていても、なおや!なおやん!なおじい!とか何でもいいです。1人の選手として応援して頂ければ嬉しいです。本当にみなさまありがとうございました。最高の3年間でした。

新城銀二:今年で那須ブラーゼンを退団することになりました。2年間このチームで経験を積むことができてとても良かったです。チームメイトや那須のファンから沢山学ぶことができて、毎日が充実した日々を過ごすことができました。2年間支えてくださり、応援してくださったチームメイト、スタッフ、そしてファンの方々に感謝します。ありがとうございました。

関連記事

この記事のタグ

移籍・引退 那須ブラーゼン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載