スマートフォン版はこちら

サイクリスト

日本から3チームがエントリー香港サイクロソンのUCIレース「香港チャレンジ」が10月8日開催 新城幸也も出場

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 香港の九龍サイドを舞台にした自転車イベント「香港サイクロソン」で10月8日、UCI(国際自転車競技連合)1クラスのワンデーレース「サンフンカイプロパティーズ 香港チャレンジ」が開催される。UCIワールドチームのUAE・エミレーツやオリカ・スコットなど、世界各国から強豪選手が集結。日本からは愛三工業レーシング、チームUKYO、また、新城幸也もメンバーに入った日本ナショナルチームも出場する。

「得意なコースなので積極的に動きたい」と意気込んだ岡本隼(愛三工業レーシングチーム) Photo: Shusaku MATSUO

 レースは交通量が多い香港の市街地を封鎖。複雑なコーナーや、ターンが結ばれた1周5.15kmを20周する、計103kmで争われる。ことしから1クラスに格が上がったため、UCIワールドチームをはじめ、UCIプロコンチネンタルチームのデルコ・マルセイユ プロヴァンス・カエテムも参加。コンチネンタルチームもUCIアジアツアーチームポイントランキングでトップのチームUKYOや、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネスなど豪華チームがスタートラインに並ぶ。

 日本ナショナルチームからは新城、中根英登、小野寺玲、入部正太朗、山本大貴、石上優大の6人がエントリー。チームUKYOからはロードレース全日本チャンピオンの畑中勇介、スプリンターのジョン・アベラストゥリ(スペイン)が勝利を狙う。愛三工業レーシングは岡本隼、黒枝士輝がスプリントを託される。

前回大会で逃げを決め、優勝を果たしたマテイ・モホリッチ(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)も参戦 Photo: Shusaku MATSUO

 7日に行われたチームプレゼンテーションには、移動の関係で日本ナショナルチーム、チームUKYOが欠席となった。唯一出席した愛三工業レーシングからは岡本が、「すごいメンバーが揃ったレースなので、自分はチャレンジャーとしての立場で参加。得意なコースだと思うので、積極的に動きたい。このメンバーの中でどれだけの走りができるのかが重要だと思います。世界選手権、ラヴニールを経験してきたので、以前よりも自信を持って走りたい」とコメントし意欲をみせた。

 愛三工業レーシングの西谷泰治監督は「ことしは1クラスに格上げされて初めてのレース。昨年に続き2度目の参加です。これだけの都市を封鎖し、ワールドツアーチームも来る規模の大きなレースです。ここでしっかり選手が結果を出せることを願い、表彰台を狙いたい。スプリントは岡本、黒枝の2本柱。去年はあっさり逃げが決まってしまったので、ことしはワールドツアーチームを引き出し、ゴールスプリントでは2人で結果を狙いたいです」と作戦を語った。

関連記事

この記事のタグ

UCIアジアツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載