スマートフォン版はこちら

サイクリスト

産経新聞【フォーカス】より安全と利便性の板ばさみ? 兵庫・尼崎の商店街、悩ましいマナー向上活動

  • 一覧

 多くの市民が自転車を利用する兵庫県尼崎市で、自転車マナー向上に向けた取り組みが進んでいる。地元の中学生が自転車で商店街を走り抜ける大人たちに「危ないからやめて」と自転車から降りるよう注意する活動を実施。商店街も「そのロチュウ(路上駐輪)見られてんで!」などと表記された啓発漫画のチラシを作成した。市は10月1日施行の市自転車のまちづくり推進条例で取り締まりを強化したが、自転車との〝共存〟を図りたい商店街側には悩ましい場面も出てきそうだ。 (産経新聞大阪写真報道局 沢野貴信)

「走行はNO!」

ポスターを手に、商店街では自転車から降りるよう呼びかける中学生ら=9月27日午後、兵庫県尼崎市神田中通(沢野貴信撮影)

 阪神尼崎駅近くの尼崎中央・三和商店街。東西約1kmにおよぶ尼崎市を代表する商店街の一つだ。ここに7月下旬、市立中央中学校の生徒5人が集まった。

 「多くの人が行き交う商店街の中を自転車が走り抜けるのは危険。いつ事故が起きてもおかしくない」

 生徒たちは条例施行を控え、地元の課題解決に何かできることはないかと考え、夏休み期間中、「商店街で自転車走行はNO」と書かれた手作りのポスターを掲げて商店街を5回にわたって練り歩き、大人に訴えることにした。

 自転車に乗った大人たちに生徒たちは「自転車から降りてください」「押して歩いてください」と呼びかけた。そんな姿に、大人たちも「ごめん、ごめん」と自転車から降りて押し出す光景もみられた。

 なぜ、生徒たちは啓発活動に積極的なのか。参加した女子生徒(15)は「小学3年のとき、商店街で自転車にひかれたから。地元の商店街で、買い物客が安全に買い物できるようにしたい」と語った。

商店街もチラシ

 商店街側も独自の取り組みを展開している。

 新たな市条例では、商店主ら事業者側への罰則はないものの、「顧客等に迷惑駐輪をさせないために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」という一文が盛り込まれたからだ。

 商店主らでつくる「尼崎中央・三和・出屋敷商業地区まちづくり協議会」は条例制定を見越して昨年11月、商店街に訪れる利用客にマナー向上を訴えるチラシを1万枚作成。お客に過度な刺激を与えないようにと漫画で表現した。

 「そのロチュウ見られてんで!」

 最も大きな字で書かれた「ロチュウ」とは路上駐輪の略。若い女性が駐輪禁止の場所に自転車を止めるのを見た子供が「あっ、あんなキレイな人やのに」と落胆する内容だ。

 同協議会は「手にとってつい読んでしまう面白いチラシを作った。マナーの改善につなげられれば」とその狙いを説明した。

線引き難しく

 条例による厳密なルール化はアウト・セーフの線引きの判断が難しく、商店主らに葛藤を強いている。

 条例では「顧客等に迷惑駐輪をさせないために必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と商店主に努力義務を課している。一方で、市は買い物で立ち寄り、店の前で止めた自転車が通行の妨げにならない限り「放置自転車」と判断せず、「一時的な駐輪」と見なす方針も示している。

 商店主には〝臨機応変〟の対応が求められることになるが、やはり気がかりなのは「お客が来なくなる」というリスク。商店街近くに駐輪場はあるものの、高齢者らにとって重い荷物を持って歩くのはつらく、できれば店の近くまで自転車で行きたいのが本音だ。

 商店主たちもそういった事情をよく知っており、自転車で店を訪れる客には注意だけでなく、〝ソフト〟な対応も織り交ぜざるを得ないようだ。

1人に1台「市民の足」

 尼崎市によると、市民約46万人に対し、自転車の推計台数は約46万台だ。市民1人に1台という計算で、自転車が文字通り「市民の足」になっている。

 市が8月に開いた「自転車のまちづくりフォーラム」では、市職員が国勢調査などをもとにしたデータから、政令市や中核市の中でも「会社や学校、駅など自転車で移動する割合が全国トップクラス」と指摘。市内全域がほぼ平地であることを主な理由に挙げた。また、東西に鉄道や主要国道が走る一方、南北交通の利便性が低いという尼崎の〝特異性〟にも言及した。

 市内では昨年1年間、自転車が関係する交通事故が人身事故の約4割にあたる825件発生し、うち4人が死亡した。市側は新たな条例に基づき、自転車で信号無視したり迷惑駐輪をしたりする市民に対し、「指導票」を交付して積極的に注意を促していくという。

産経新聞・版より)

関連記事

この記事のタグ

マナーアップ 兵庫県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載