スマートフォン版はこちら

サイクリスト

スポーティーさと上質感ある2デザインヤマハの電動アシストロードバイク「YPJ-R」2018モデル 11月9日発売

  • 一覧

 ヤマハ発動機がロードバイクタイプのスポーツ電動アシスト自転車、「YPJ-R」(ワイピージェイアール)の2018年モデルを発表した。車体全体のカラーリングを変更し、スポーティなイメージのホワイト系と、ブラックを基調とした上質感をもたせたモデルがラインナップ。11月9日に発売を開始する。

「YPJ-R」(ソリッドブラック/ダークグレー) ©YAMAHA
「YPJ-R」(ピュアパールホワイト) ©YAMAHA

 「YPJ-R」は、ヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量の約15kgの車体重量で、アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行が可能。発進や加速などのシーンでは、アシストのメリットを生かしたパワフルな加速で巡航速度までスムーズにつなげ、登坂シーンでは、電動アシスト自転車ならではの走りを楽しむことができる。

「YPJ-R」(ソリッドブラック/ダークグレー) ©YAMAHA

 2018年モデルは車体全体のカラーリングを変更。ホワイトをベースカラーに、いわゆる“ヤマハらしい”スポーティなイメージを強調するブルーとシルバーのグラフィックを施した「ピュアパールホワイト」と、ブラックとグレーのコンビネーションカラーにゴールドの差し色が大人の上質感を演出する「ソリッドブラック/ダークグレー」の2色を採用した。

 バッテリーのグラフィックや、バーテープのカラーも変更し、「YPJ-R」ならではのスポーティさとスマートさを強調するデザインに仕上げた。

「YPJ-R」(ソリッドブラック/ダークグレー、Mサイズ) ©YAMAHA
「YPJ-R」(ピュアパールホワイト、Mサイズ) ©YAMAHA

■YPJ-R
カラー:ピュアパールホワイト、ソリッドブラック/ダークグレー
サイズ:M(全長1710mm)、XS(同1685mm)
充電1回あたりの走行距離:「HIGH」モード14km、「STD」モード22km、「ECO」モード48km
補助速度範囲:比例補助 0km/h以上10km/h未満、逓減補助 10km/h以上24km/h未満
変速:前2速×後11速、デュアルコントロールレバー(シマノ105)
電圧/容量/充電時間:25.2V / 2.4Ah / 約1時間
発売日:2017年11月9日
税抜価格:248,400円

関連記事

この記事のタグ

2018年モデル ヤマハ ロードバイク 電動アシスト自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載