スマートフォン版はこちら

サイクリスト

大野常務取締役「積極的に取り組む」滋賀銀行が守山市と連携し“ビワイチ体験” 琵琶湖の魅力を再発見、地方創生へ

  • 一覧

 「地域密着(共存共栄)」を経営の柱に掲げる滋賀銀行が9月24日(日)、行内のサイクリストや自転車に関心を持つ有志50名を募って、自転車を軸としたまちづくりを展開する滋賀県守山市と連携したビワイチサイクリングイベントを実施した。サイクリング体験を通して自転車の持つ可能性や滋賀県、琵琶湖の持つ魅力を再確認・再発見し、地方創生につなげていきたいというのが目的だ。

長命寺港で笑顔で漁船タクシーに乗り込む ⓒMoriyama-city
琵琶湖サイクリストの聖地碑をスタートする守山市の宮本市長ら ⓒMoriyama-city

 イベントには、宮本和宏守山市長が応援にかけつけ「日本一の湖である琵琶湖は滋賀県ならではの魅力であり、自転車の素晴らしさ、ビワイチの素晴らしさを参加いただいた皆様から発信していただき、ビワイチの大きなうねりを作っていくきっかけになればと期待しています」と激励し、ゲストライダーとして参加した。

 今回のサイクリングは、滋賀県守山市にある『琵琶湖サイクリストの聖地碑』からスタートし、全長40キロと30キロの2コースを『漁船タクシー』を利用して楽しむもの。この日、初参加した人は「スポーツ自転車にこの日初めて乗ったが、本当に楽しく、いつかビワイチにチャレンジしたい」と話した。

ビワイチ挑戦の前に全員で記念撮影 ⓒMoriyama-city
長命寺港から漁船タクシーに自転車を積み込んで出発 ⓒMoriyama-city
浜大津港からゴールに向けて出発 ⓒMoriyama-city

 滋賀銀行の大野恭永常務取締役は、学生時代から何度もビワイチを経験。この日も長年愛用のスポーツ自転車で参加。終了後には、「ビワイチは全国から注目を集める滋賀県のブランド施策であり、我々地方銀行がより一層滋賀県の魅力を知ることで、滋賀県の自転車、ビワイチを軸とした観光振興推進の一助になれればと願っており、今後も地域活性化に積極的に取り組んでいきたい」と語った。

関連記事

この記事のタグ

ビワイチ ロングライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載