スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報2017トレックのシクロクロスバイク「ブーン」「クロケット」がリニューアル

  • 一覧

 トレックのシクロクロスバイク「Crockett」(クロケット)と「Boone」(ブーン)が生まれ変わった。これまでもシクロクロス界のレジェンド、スヴェン・ネイスをはじめ、トップレ―サーからのフィードバッグを受け開発されたCXジオメトリーを採用するなど、つねに進化を続けてきたトレックのシクロクロスバイク。2018年モデルでは、前後12mmスルーアスクル、フラットマウントディスクブレーキ、スラムのフロントシングルギアのドライブトレインなどの最新トレンドをすべてのモデルに取り入れた。

Boone 5 Disc © TREK

トレック史上、最速、最軽量

悪路や泥が待ち受ける、過酷なシクロクロスレース © TREK

 トレックのシクロクロスシリーズにおいて最速、最軽量を謳う「ブーン」。過酷なコンディションで戦うために、フレームには軽さと強度を追及した600シリーズOCLVカーボンを採用。航空宇宙産業で用いられる最先端素材を重量を抑えるパフォーマンステクノロジーを組み合わせることで、重量と剛性のバランスを高いレベルで両立させた。

 また、エンデュランスロードの代名詞ともいえるIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーをフロント&リアに搭載。砂利や芝といった未舗装路からの振動を吸収することで、滑らかな乗り味を実現した。

 さらに、今回新たに加わったフラットマウントディスクブレーキと前後のスルーアスクルにより、制動力が格段に飛躍。レースで勝てる究極のシクロクロスバイクとなった。

■Boone 5 Disc
価格:362,000円(税抜)
カラー:ソリッドチャコール/カリフォルニアスカイブルー
サイズ:47、50、52、54、56、58、61
リアディレイラー:SRAM Rival 1
重量:8.39kg(56cm、18.50lbs)

約150gの軽量化に成功

Crockett 5 Disc © TREK

 ハイドロフォーム加工を施した300シリーズAlphaアルミニウムを採用した「クロケット」。サイズごとに剛性と軽さのバランスを整え、従来のフレームより約150g軽量化することに成功した。

 また、クロケットはアルミモデルながら、レースにも対応するジオメトリーをもつ。IsoSpeed技術を取り入れたカーボンフォークや、泥はけのよいタイヤクリアランス、メンテナンス性と担ぎやすさを追及した内装式のケーブルマネ-ジメントシステムがライダーの走りをサポート。ベテランライダーはもちろん、扱いやすいアルミフレームはこれからシクロクロスをはじめたいビギナーにもオススメだ。

■Crockett 5 Disc
価格:200,000円(税抜)
カラー:トレックブラック/スプリントミント
サイズ:47、50、52、54、56、58
リアディレイラー:SRAM Rival 1
重量:9.11kg(56cm 、20.08lbs)

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 30~50万円 シクロクロスバイク トレック 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載