スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新競技のチームTT、スプリントレースもキッテルが「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」2年連続4回目の出場へ

  • 一覧

 さいたま新都心駅周辺で11月4日に開催される「J:COM presents 2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に、ツール・ド・フランス2017ステージ5勝を挙げたスプリンター、マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)が2年連続4回目の出場をすることが決定した。また、新競技としてチームタイムトライアルレース、スプリントレースが実施される。

2年連続4回目の「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」出場が決定したマルセル・キッテル Photo: Yuzuru SUNADA

 チームタイムトライアルレースは1チーム3人、コース1周(約2.5km)で行われる。海外招聘チームと国内参加チームが1組ずつスタートし、ゴールまでのタイムを競う。同じチームの選手が同じロードバイクで隊列を組んで走るシーンは通常のロードレースとは異なった迫力があり、空気抵抗の大きい先頭を順番に務めるため、3選手が位置を変えていくテクニックが見もの。

 各チームの代表選手によるスプリントレースは、1チームから1選手が出場し、約3kmのコースを走行して1着を争う。スタート地点からパレード走行を行い、残り約1km付近にアクチュアルスタートを設ける。4組(1組あたり3人または4人)に分かれてレースを行い、各組1位となった選手により決勝戦を行う。

 スプリントは短時間しか持続できないので、各選手はライバルの脚質や戦略を考慮しながらスパートの機会をうかがう。世界トップレベルのスプリンターたちによる、本場さながらの白熱したスプリントが期待できる。キッテルはスプリントレース優勝の最有力候補だ。

チームタイムトライアルレースのコース。スタートとゴールが異なる ©2017さいたまクリテリウム
スプリントレースのコース。残り1kmでアクチュアルスタート  ©2017さいたまクリテリウム

 海外、国内チームはそれぞれ7チーム28人が出場。また、女子選手と男子ジュニア選手7人ずつ、パラサイクリング選手7組の計21組が個人タイムトライアルレースに出場する。

関連記事

この記事のタグ

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載