スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ツール・ド・東北開催に合わせポール・スミス氏所有のジャージコレクションが仙台店で展示 マイヨジョーヌなど30点 

  • 一覧

 イギリスのアパレルブランド「ポール・スミス」仙台店で9月11日から18日まで、同ブランド代表のポール・スミス氏が所有するジャージコレクションがディスプレーされる。ツール・ド・フランスで総合首位の証「マイヨジョーヌ」や世界チャンピオンジャージ「アルカンシェル」など貴重なジャージが30点展示となる。

ポール・スミス氏所有のジャージコレクションが並ぶポール・スミス仙台店のディスプレー Photo: Paul Smith

 熱心なロードレースファンとしても知られるスミス氏。ディスプレーされるコレクションはポール・スミス・パリ店でも展示されていたもので、9月16、17日に宮城県で開催される「ツール・ド・東北」に合わせたもの。各国のチャンピオンジャージとともに、ツール・ド・東北ジャージも展示され、イベントを走るサイクリスト向けに「good luck」とディスプレイに応援メッセージも掲出される。

ツール・ド・東北参加者へ向けた「good luck」の文字が描かれる Photo: Paul Smith

 展示されるジャージはグランツールから各国のチャンピオンジャージまで貴重なものが揃う。ポール氏とも親交が深いクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)から贈られたというマイヨジョーヌは、2013年にフルームが総合優勝を果たした時のジャージだ。

 コフィディスのアルカンシェルは、ブラッドリー・ウィギンスが2007年、トラックの4km個人パーシュートで世界チャンピオンになったときのもの。ウィギンスはポール氏とも親交があり、2012年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたほか、オリンピックではロード、トラックを合わせて8つのメダルを獲得。英国スポーツ史上、最も多くのメダルを獲得し、2016年に引退している。

 ほかにもジロ・デ・イタリア総合優勝者に与えられるマリアローザや、ツール・ド・フランスでマーク・カヴェンディッシュ(イギリス)が着用したマイヨヴェール(ポイント賞ジャージ)などが並んでいる。

関連記事

この記事のタグ

ポール・スミス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載