スマートフォン版はこちら

サイクリスト

北海道南部が舞台の3日間ツール・ド・北海道が開幕 第1ステージは鈴木龍がスプリント勝利

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 国内4大ステージレースの1つ、ツール・ド・北海道(UCIアジアツアー2.2)が9月8日に開幕した。函館市から北斗市までの162kmで争われた第1ステージは鈴木龍(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)が優勝。総合首位の証であるグリーンジャージを手に入れ、翌日の第2ステージに臨む。いっぽう昨年大会覇者の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が終盤落車し、そのままリタイアする波乱の幕開きとなった。

ツール・ド・北海道第1ステージ。小集団によるステージ優勝争いは鈴木龍(右端)が制した Photo: Syunsuke FUKUMITSU

第31回大会は道南地域をめぐる

 ツール・ド・北海道は雄大な北海道の地で、例年9月に開催される大会。ツール・ド・とちぎ、ツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・熊野とならぶ国内ツールとしての格式を誇る。個人タイムトライアル以外はラインレースでステージ編成されるのが大きな特徴だ。また、毎年開催地が移動し、今年は道南地域が舞台。主要都市である函館市を主な拠点に、3ステージ・総距離424kmで争われる。

 第31回目を迎える今回は、海外から5チーム、国内UCIコンチネンタルチームが9チーム、学生チームが5チーム、地域選抜1チームの計20チームがスタートラインに並んだ。

スタート前にオープニングセレモニーで出場選手が一同に集まった Photo: Syunsuke FUKUMITSU
那須ブラーゼンの西尾勇人が選手宣誓 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

6人の逃げグループが7分以上のリード

 第1ステージは、函館競輪場前を出発し5.6kmのパレード走行を経てリアルスタート。函館湾沿いを南下し、しばし海岸線を走行する。40km地点を目前に山間部に入ったのち、今度は日本海側を北上。フィニッシュまで残り約60kmから再び山間部へ入り、2カ所の山岳ポイントを通過。特に2つ目の山岳からはフィニッシュへ向かってのテクニカルなダウンヒル。そして、北斗市運動公園前でフィニッシュする162km。

レース前半に形成された6人の逃げグループ Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 リアルスタート直後に4選手が集団から飛び出すなど、出入りの激しかった序盤戦。30km地点を目前に6人が逃げグループを形成した。しばらくはメイン集団との差30秒前後で推移したが、64.2km地点に設けられたホットスポット(中間スプリントポイント)をきっかけに集団が逃げる6人の先行を完全に容認した。

 逃げメンバーは、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、岸崇仁(那須ブラーゼン)、中田拓也(インタープロサイクリングアカデミー)、冨尾大地(鹿屋体育大学)、草場啓吾(日本大学)、今村駿介(中央大学)。草場を先頭にホットスポット通過後は、逃げとメイン集団との差は7分を超えるまでに開いていった。

混戦の小集団スプリントを鈴木が制する

 快調に進んでいた逃げグループだったが、1つ目の山岳に前後して中田と今村が脱落。メイン集団も上りに入ってペースが上がり、逃げとのタイム差を縮めていく。123.2km地点に設けられた山岳ポイントは草場が1位で通過した。

徐々にペースを上げていったメイン集団 Photo: Tour de Hokkaido

 距離を追うごとに勢いを増すメイン集団は、2つ目の山岳に入る頃には先頭との差を1分以内にまで縮めた。懸命に逃げ続けた先頭の選手たちは、岸が脱落し3人に。何とか頂上までは先行し、再び草場が頂上を1位通過したが、上りで人数を絞ったメイン集団は、やがて逃げメンバーを吸収した。

 頂上からフィニッシュへは10kmあまりの下り。しかしこのダウンヒルで前回覇者の増田が落車するアクシデント。増田は鎖骨を痛めてそのままリタイアとなった。ほかにも落車やコーナーでのオーバーランが頻発した。

 トラブルを回避した先頭集団は約20人。残り4kmで山本大喜(鹿屋体育大学)のアタックをきっかけに、集団はNIPPO・ヴィーニファンティーニがペースアップ。山本に続いて冨尾も集団からの抜け出しを図ったが、両選手ともに吸収され、勝負は小集団でのスプリントとなった。

 NIPPO・ヴィーニファンティーニは、リードアウトを受けて飛び出したピエールパオロ・デネグリ(イタリア)で勝負。その脇からは岡本隼(愛三工業レーシングチーム)も加速。しかし、この日最高の伸びを見せたのは鈴木。3人が並ぶようにしてフィニッシュラインを通過したが、僅差で鈴木に軍配。フィニッシュ後勝利を確信しガッツポーズを見せたデネグリは惜しくも2位、岡本が3位に続いた。そのほか、ステージ17位までが鈴木と同タイムでフィニッシュ(救済措置により後方フィニッシュの選手1人もトップと同タイム扱い)。個人総合優勝候補も含まれており、残るステージのレース展開にも影響を及ぼしそうだ。

 この結果を受けて、続く第2ステージは鈴木がグリーンジャージを着用して出走する。

個人総合首位に立ちグリーンジャージに袖を通した鈴木龍 Photo: Tour de Hokkaido

 翌9日の第2ステージは、北斗市から木古内町までの185km。今大会最長ステージで、第1ステージ同様に海沿いの平坦区間と内陸の山岳区間とがミックスし、細かな起伏に富む。ラスト18kmはフィニッシュへと向かうダウンヒル。その前の上りと合わせ、勝負どころとなり得るポイントだ。

第1ステージ結果
1 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 3時間36分3秒
2 ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +0秒
3 岡本隼(愛三工業レーシングチーム) +0秒
4 ジャコーモ・ベルラート(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +0秒
5 エゴイツ・フェルナンデス(スペイン、チームUKYO) +0秒
6 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +0秒
7 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム) +0秒
8 サルヴァドール・グアルディオラ(スペイン、チームUKYO) +0秒
9 ドリュー・モレイ(オーストラリア、トレンガヌサイクリングチーム) +0秒
10 トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム) +0秒

個人総合時間賞
1 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 3時間35分53秒
2 ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +4秒
3 岡本隼(愛三工業レーシングチーム) +6秒
4 草場啓吾(日本大学) +7秒
5 ジャコーモ・ベルラート(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +10秒
6 エゴイツ・フェルナンデス(スペイン、チームUKYO) +10秒
7 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン) +10秒
8 マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム) +10秒
9 サルヴァドール・グアルディオラ(スペイン、チームUKYO) +10秒
10 ドリュー・モレイ(オーストラリア、トレンガヌサイクリングチーム) +0秒

ポイント賞
1 鈴木龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム) 25 pts
2 ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 20 pts
3 岡本隼(愛三工業レーシングチーム) 16 pts

山岳賞
1 草場啓吾(日本大学) 10 pts
2 冨尾大地(鹿屋体育大学) 6 pts
3 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) 2 pts

チーム総合
1 NIPPO・ヴィーニファンティーニ 10時間48分9秒
2 キナンサイクリングチーム +34秒
3 チームUKYO +34秒

関連記事

この記事のタグ

UCIアジアツアー ツール・ド・北海道2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載