スマートフォン版はこちら

サイクリスト

あらゆる角度から空気抵抗を削減ジャイアントのエアロロードバイク「プロペル」シリーズにディスクモデルが登場

  • 一覧

 ジャイアントがエアロロードバイク「PROPEL」(プロペル)のディスクブレーキモデル「PROPEL DISC」(プロペル ディスク)シリーズを発表した。同モデルでは新型の内装ケーブル式エアロハンドルバーとステムを採用。また前後でリムハイトの異なるエアロホイールシステムを採用し、コントロール性を損なうことなく高いエアロ性能を実現した。

ジャイアントの新型エアロロードバイク「PROPEL DISC」 ©GIANT

ディスクブレーキフレームは空気抵抗が減少

「チーム・サンウェブ」のプロレーサーとともにテストを重ねた新型「PROPEL DISC」 ©GIANT

 新型「プロペル ディスク」は「AeroSystem Shaping Technology」をキーコンセプトに、CFD(数値流体力学)と風洞実験を経て、翼形部、チューブ接合部、ホイール、コンポーネントの組み合わせについてさまざまな分析が行われた。一つの重要な要素として、滴型だったチューブから新たに楕円を切った翼型の形状を採用し、様々な風の角度で空気抵抗を軽減することに成功した。

3年間に渡ってCFD(数値流体⼒学)と動的マネキンを使⽤した⾰新的な⾵洞実験を実施 ©GIANT

 フラットマウントと、剛性を高めるスルーアクスルを採用したディスクブレーキモデルは優れた制動力とドライ、ウェットともに優れたモジュレーションを実現。空力テストでもディスクブレーキフレームの方がリムブレーキフレームと比較して全体的に空気抵抗が減少することが明らかになった。フォーククラウン周辺でよりスムーズな空気の流れをつくるほか、左右非対称のフォーク設計がディスクブレーキキャリパー周辺でも効率的に空気の流れをつくる。

マイケル・マシューズ(チーム サンウェブ)は今年初めから「PROPEL ADVANCED SL DISC」のプロトタイプでツール・ド・フランスを含むレースに参戦。写真右から2番目 ©GIANT

 チーム サンウェブのマイケル・マシューズは今年初めから「PROPEL ADVANCED SL DISC」のプロトタイプでツール・ド・フランスを含むレースに参戦。雨が降ったツール第2ステージの後、マシューズは「エアロ性能が高まった新型プロペル ディスクは超高速だ。踏んだら踏んだだけ加速する。そして雨のレースもディスクブレーキだから完璧だ」と評した。

「PROPEL ADVANCED PRO DISC」。主要競合他社のフレームセットより軽く、剛性もより高いことがテスト結果として示された ©GIANT

 「プロペル ディスク」シリーズは、フレーム以外にもジャイアントホイールシステムを含む革新的なコンポーネントを搭載。横風の影響を受けにくい後輪にはエアロ性能と動力伝達に優れた65mm高のリムを採用。前輪は横風のコントロール性を高めるため、42mm高のリムを採用した。これにより全体的な空気抵抗を軽減しつつ、横風の影響も軽減。その結果、スピードを高めるだけではなく、様々なレース状況でより正確で安全なコーナーリングを実現した。

新しい「CONTACT SLR/SL AEROハンドルバー&ステム」は、空力性能を最適化するためケーブル内装式に ©GIANT

 新しい「CONTACT SLR/SL AEROハンドルバー&ステム」は、空力性能を最適化するため、ケーブル内装式となった。重量や剛性を犠牲にしてより良い空力性能を実現することは簡単だが、エンジニアチームは効率性とハンドリングに留意して、重量や剛性を妥協することなく空力性能を高めることに成功した。

 日本国内でのラインナップや販売価格は近日発表予定としている。

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント(GIANT)のロードバイク

2018年モデル カーボン ジャイアント レース向け自転車 ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載