スマートフォン版はこちら

サイクリスト

2018年1月運行開始サイクリストのための電車が誕生 JR東日本「BOSO BICYCLE BASE」

  • 一覧

 JR東日本千葉支社は8月25日、房総エリアでのサイクリングをより気軽に楽しむためのサイクルトレインの愛称名と車両デザインなどを発表した。愛称は「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース、略称:B.B.BACE)。「房総の各地を、バイシクル(自転車)で、駆け巡るためのベース(基地)」というコンセプトをもとにそれぞれの頭文字をとって名付けた。運行開始予定は2018年1月としている。

自転車を輪行せずにそのまま乗車できる「BOSO BICYCLE BASE」(房総バイシクルベース) ©JREAST

 新車両は既存車両209系の改造車両で、デザインはコンセプトとなる「基地」をイメージしたグレーをベースに、ロゴ、号車番号、「B.B.BASE」オリジナル自転車のイラストをアクセントにした。1~3号車と5~6号車を座席とサイクルラック号車にし、4号車をフリースペースにする。

1~3 号車、5~6 号車:座席・サイクルラック ©JREAST
1~3 号車、5~6 号車:座席・サイクルラック ©JREAST
フリースペース ©JREAST
フリースペース ©JREAST

 JR東日本では、自転車を輪行袋に入れずそのまま載せて東京・両国駅から千葉を訪れるサイクリングイベント「Station Ride in 南房総」を2013年から開催してきた。その際に使用するイベント専用列車を「サイクルトレイン」と呼び、既存の209系の車両を使って運行してきた。イベントの人気が年々高まる一方、トライアスロン開催時にも運行するなど“出番”は増えており、同社では「サイクルデザイン」として新しい列車の運行を計画していた。

「Station Ride in 南房総」で使用していたイベント専用列車「サイクルトレイン」
これまでは車内を工夫して自転車を吊るしていた ©JREAST

 来年1月の運行開始を予定しており、今後はイベント時だけでなく、サイクリストが気軽に利用できるよう運行頻度を増やす予定だという。新車両の発表についてJR東日本は、「より快適でご利用いただきやすい新しい列車を運行することといたしました。この列車の活用を通じて新しいヒトの流れの創出と更なる地域の活性化に取り組んでまいります」としている。

「BOSO BICYCLE BASE」

・座席数:99席
・サイクルラック:99基
・1~3号車、5~6号車:座席・サイクルラック号車
・4号車:フリースペース
・運行開始予定:2018年1月
・運転区間:房総エリア
・旅行商品での発売を予定

関連記事

この記事のタグ

サイクルトレイン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載